ソー・デルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソー・デルタ
エクスプローラー10号の打上げ前
エクスプローラー10号の打上げ前
機能 使い捨て型ロケット
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
打ち上げ実績
状態 退役
射場 ケープカナベラル LC-17
総打ち上げ回数 12
成功 11
初打ち上げ 1960-05-13
最終打ち上げ 1962-09-18

ソー・デルタ(Thor-Delta)またはデルタDM-19アメリカ合衆国ローンチ・ヴィークル1960年代に12回打ち上げられた。単にデルタとも呼ばれた。

ソー・エイブルの派生ロケットで、ソーロケットシリーズの一つであり、デルタロケットシリーズの最初のロケットである。

一段目はソーミサイルの転用で、二段目に初期のエイブルステージ派生のデルタステージを、三段目にAltair固体ロケットモータを使用した。

ソー・デルタロケットはソーミサイルとデルタアッパーステージを組み合わせて使用した最初のロケットであり、この組み合わせは以後多用されることになる。デルタ IIロケットは2011年の段階でも現役である。

ソー・デルタが打ち上げた人工衛星には世界初の受動型通信衛星エコー1Aやイギリス初の人工衛星アリエル1号、世界初の能動型通信衛星テルスター1などが含まれる。

12回全ての打上げはケープカナベラル空軍基地Launch Complex 17から行われた。テルスター1の打上げはパッドBを、その他の打上げはパッドAが使用された。最初の打上げであったエコー1以外は全て成功した。

参考文献[編集]

  • Wade, Mark. “Delta”. Encyclopedia Astronautica. 2009年2月9日閲覧。
  • Krebs, Gunter. “Thor family”. Gunter's Space Page. 2009年2月9日閲覧。