ソーシャルメディア衛星開発プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソーシャルメディア衛星開発プロジェクト(SOcial MEdia SATellite development project、通称:SOMESAT(サムサット))は、有志による小型人工衛星プロジェクト。1UのCubeSatを開発中である[1]

概要[編集]

2009年よりネット上で活動しており、設立当初のプロジェクト名は「HAXA」(はちゅね宇宙航空研究開発機構)だった。現在は企画検討が完了して機能実証モデルを作成中である。毎年、ニコニコ超会議で進捗が公開される。 2015年に活動の拠点となるアマチュア無線局が開設された。[2] また関連するMMD動画も造られた。[3]

2016年3月には、打ち上げに関する契約などにおいて法人格を有することが適切という判断から、SOMESATを母体として「一般社団法人小型宇宙機器開発協会」(SSG-dev)が設立されている[4]

プロジェクトの一環として、2010年5月21日に打ち上げられたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の金星探査機「あかつき」に団体応募した初音ミクおよびはちゅねミクのイラストと、ファンのメッセージの銘板が探査機に搭載された[5]

SOMESAT01[編集]

SOMESAT01
公式ページ ソーシャルメディア衛星開発プロジェクト
状態 開発中
目的 世界一高いところでネギ振りをする衛星を開発
ネットベースの宇宙開発
物理的特長
本体寸法 10cm3
質量 約1kg
軌道要素
周回対象 地球

SOMESATが2017年現在開発している衛星は「サムサット01」(仮称)と称されており[4]、2022年までの打ち上げを目指している[4]


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 民間衛星プロジェクトSOMESAT開発者インタビュー
  2. ^ SOMESAT無線社団局 SOMESTATION
  3. ^ 【第5回MMD杯本選】 ちょっと宇宙行ってくる!SOMESAT PV
  4. ^ a b c 初音ミク、宇宙でネギを振る。「ニコニコ技術部」がロケットを飛ばすようになるまで 日刊工業新聞2017年7月7日
  5. ^ “打ち上げを目前に控えた「あかつき」と「IKAROS」の機体が公開”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). (2010年3月12日). http://news.mynavi.jp/articles/2010/03/12/planet-c_ikaros/ 2015年9月22日閲覧。 

外部リンク[編集]