ソーシャルメディアマーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソーシャルメディアマーケティング (: social media marketing)は、製品やサービスの宣伝にソーシャルメディアプラットフォームやウェブサイトを活用すること[1]。 学術研究では、e-マーケティングデジタルマーケティングという用語が依然として支配的であるが、ソーシャルメディアマーケティングは開業医と研究者の両方で人気が高まっている[2]。 ほとんどのソーシャルメディアプラットフォームにはデータ分析ツールが組み込まれており、企業は広告キャンペーンの進捗状況、成功、エンゲージメントを追跡できる。企業は、ソーシャルメディアマーケティングを通じて、現在および潜在的な顧客、現在および潜在的な従業員、ジャーナリストブロガー、一般の人々など、さまざまな利害関係者に対応している。戦略レベルでは、ソーシャルメディアマーケティングには、マーケティングキャンペーンの管理、ガバナンス、範囲の設定(たとえば、より積極的または受動的な使用)、および企業が望むソーシャルメディアの「文化」と「トーン」の確立が含まれる。

ソーシャルメディアマーケティングを使用する場合、企業は、マーケティング担当者が作成した広告コピーではなく、顧客やインターネットユーザーが「獲得メディア」とも呼ばれるユーザー生成コンテンツ(オンラインコメント、製品レビューなど)を投稿できるようにできる。

目的と戦術[編集]

Twitter[編集]

Twitterを使用すると、企業は、フォロワーのホームタイムラインに表示される140文字に制限されたツイートと呼ばれる短いメッセージで製品を宣伝できる[3]。 ツイートには、テキスト、ハッシュタグ、写真、ビデオ、アニメーションGIF絵文字、または製品のWebサイトやその他のソーシャルメディアプロファイルへのリンクなどを含めることができる[4] 。 Twitterは、顧客サービスを提供するために企業でも使用されている。 一部の企業は、サポートを24時間年中無休で利用できるようにし、迅速に回答することで、ブランドの忠誠心と評価を向上させている。

Facebook[編集]

FacebookページはTwitterアカウントよりもはるかにいろいろな情報を掲載できる。製品のビデオ、写真、より長い説明、推薦状などを提供でき、フォロワーは他の人のために製品ページにコメントできる。 Facebookは、製品のTwitterページにリンクし直したり、イベントのリマインダーを送信できる。 2015年5月の時点で、マーケターの93%がFacebookを使用してブランドを宣伝している[5] 。 2011年の調査では、「エンゲージメント」またはクリックといいねの84%が、Facebookの広告にリンクしているとされる[6] 。 2014年までに、Facebookはビジネスページとブランドページから公開されるコンテンツを制限していた。 Facebookアルゴリズムの調整により、無料のビジネスページ(少なくとも500,000の「いいね」がある)のオーディエンスが2012年の16%から2014年2月の2%に減少しました[7]

LinkedIn[編集]

プロフェッショナルなビジネス関連のネットワーキングサイトであるLinkedInを使用すると、企業は自分のビジネスだけでなく、ネットワークを構築して他の人と会うためのプロフェッショナルなプロファイルを作成できる[8]。 ウィジェットにより、メンバーはTwitterストリームや製品ページのブログエントリなど、さまざまなソーシャルネットワーキングアクティビティをLinkedInのプロフィールページに宣伝できる[9] 。 LinkedInは、そのメンバーにセールスリードとビジネスパートナーを生み出す機会を提供する[10]。 メンバーは、Facebookページと同様の「会社ページ」を使用して、ビジネスオーナーが製品やサービスを宣伝し、顧客と対話できる領域を作成できます[11]。 求職者はスパムメールを多く受け取りメールへの反応が薄くなっているため、大手企業は、LinkedInを使用して従業員を採用することを好む。さらに、企業は、電子メールからの限られた情報ではなく、LinkedInプロファイルから収集できる情報を好んで利用するところが多い[12]

Instagram[編集]

2014年5月、 Instagramのユーザー数は2億人を超えた。 Instagramのユーザーエンゲージメント率はFacebookの15倍、Twitterの25倍であった[13] 。 L2の創設者でニューヨーク大学のスターンスクールオブビジネスのマーケティング教授であるスコット・ギャロウェイによると、最新の調査によると、プレステージブランドの93%がInstagramで積極的に存在し、マーケティングミックスに含まれている[14]。 ブランドやビジネスに関して言えば、Instagramの目標は、豊かで視覚的な環境で魅力的な画像を使用して、企業がそれぞれのオーディエンスにリーチできるようにすることである[15]。 さらに、Instagramは、ユーザーと企業が公に直接通信できるプラットフォームを提供し、企業が既存顧客や見込み客とつながるための理想的なプラットフォームとなっている[16]

YouTube[編集]

YouTubeはもう1つの人気のある手段です。広告は、ターゲットオーディエンスに合う方法で行われます。コマーシャルで使用される言語の種類と製品を宣伝するために使用されるアイデアは、視聴者のスタイルと好みを反映しています。また、このプラットフォームの広告は通常、リクエストされた動画のコンテンツと同期しています。これは、YouTubeが広告主にもたらすもう1つの利点である。コンテンツが関連しているため、特定の広告には特定の動画が表示されます。 YouTubeでは、動画のスポンサーになるなどのプロモーションの機会もあります。「たとえば、犬のトレーニングでYouTube動画を検索したユーザーには、犬のおもちゃ会社からのスポンサー動画が他の動画と一緒に結果として表示される場合がある[17] 。」 YouTubeを使用すると、サイト運営者はYouTubeパートナープログラムを通じてお金を稼ぐこともできます。企業は、企業の製品やサービスを宣伝する特別な「チャンネル」に対してYouTubeに支払うことができます。

ブログ[編集]

LinkedInのようなプラットフォームは、企業やクライアントがオンラインで接続するための環境を作成します[18]。 情報、独創性、およびアクセシビリティの必要性を認識している企業は、ブログを使用して製品を人気のあるユニークなものにし、最終的にはソーシャルメディアに精通している消費者に働きかけます[19]。 2009年の調査によると、消費者はメディアやブロガーの報道を、無料または独立しているとは考えられていない印刷広告よりも中立的で信頼できるものと見なしています[20]。 ブログを使用すると、製品または会社が製品またはサービスのより長い説明を提供したり、紹介文を含めたり、他のソーシャルネットワークやブログページにリンクしたりすることができます。ブログは頻繁に更新することができ、顧客を維持し、ソーシャルネットワークページに誘導できるフォロワーやサブスクライバーを獲得するためのプロモーション手法です。オンラインコミュニティは、ビジネスがプラットフォームを使用して他のビジネスのクライアントに到達することを可能にします。企業が企業の世界での地位を測定できるようにするために、サイトでは従業員が企業の評価を行うことができます。 一部の企業は、ソーシャルメディアプラットフォームを従来のマーケティングレジメンに統合することをオプトアウトしています。オンラインでやり取りするときに適用される特定の企業基準もあります 。企業と消費者の関係で優位性を維持するには、企業は、消費者が維持する4つの主要な資産、情報、関与、コミュニティ、および管理を認識している必要があります [21]

脚注[編集]

  1. ^ Felix, R., Rauschnabel, P.A.; Hinsch, C. (2016). “Elements of Strategic Social Media Marketing: A Holistic Framework”. Journal of Business Research 70: 118–126. doi:10.1016/j.jbusres.2016.05.001. 
  2. ^ Shaltoni, AM (2016-07-01). “E-marketing education in transition: An analysis of international courses and programs” (英語). The International Journal of Management Education 14 (2): 212–218. doi:10.1016/j.ijme.2016.04.004. ISSN 1472-8117. 
  3. ^ About your Twitter timeline”. Twitter. Twitter. 2016年4月29日閲覧。
  4. ^ "About Twitter", "Twitter", Retrieved on 27 June 2014.
  5. ^ Social media platforms used by marketers worldwide 2015”. 2015年10月6日閲覧。
  6. ^ Marketers Spend More”. Mediapost.com. 2011年12月21日閲覧。
  7. ^ Manson (2014年3月6日). “Facebook Zero: Considering Life After the Demise of Organic Reach”. Ogilvy & Mather/Social@Ogilvy. 2014年4月17日閲覧。
  8. ^ About Us”. LinkedIn Press Center. 2012年3月28日閲覧。
  9. ^ Evans. “33 Ways to Use LinkedIn for Business”. Gigaom. 2012年3月28日閲覧。
  10. ^ What is LinkedIn?”. LinkedIn Learning Center. 2012年3月28日閲覧。
  11. ^ Slutsky, Irina (2012年3月29日). “Why LinkedIn Is the Social Network That Will Never Die”. AdAge Digital. http://adage.com/article/digital/linkedin-social-network-die/147475/ 2012年3月29日閲覧。 
  12. ^ Caravella, Andrew. "Four Functions of Social Media Guide." Retrieved 15 August 2013.
  13. ^ Michael. “10 huge marketing wins on Instagram”. imediaconnection.com. 2020年12月21日閲覧。
  14. ^ Scott. “Instagram 2014”. l2thinktank.com. 2020年12月21日閲覧。
  15. ^ Instagram for Business. “Tools and Tips to Help Marketers Inspire and Engage on Instagram”. 2020年12月21日閲覧。
  16. ^ Bergström, Thamwika (2013). Marketing and PR in Social Media: How the utilization of Instagram builds and maintains customer relationships. Stockholm University. p. 5. http://su.diva-portal.org/smash/get/diva2:625012/FULLTEXT01.pdf 2014年6月11日閲覧。 
  17. ^ Kincy, Jason (2011). “Advertising and social media”. ABA Bank Marketing 43 (7): 40. 
  18. ^ Deis, Michael H.; Kyle Hensel (2010). “Using social media to increase advertising and improve marketing”. Entrepreneurial Executive: 87. 
  19. ^ Chiang, I-Ping; Chung-Hsien Hsieh (October 2011). “Exploring the impact of blog marketing on consumers”. Social Behavior and Personality 39 (9): 1245–1250. doi:10.2224/sbp.2011.39.9.1245. 
  20. ^ Rinallo, Diego; Suman Basuroy (November 2009). “Does Advertising Spending Influence Media Coverage of the Advertiser?”. Journal of Marketing 73 (6): 33–46. doi:10.1509/jmkg.73.6.33. 
  21. ^ Kerr, Gayle (January 2012). “Buy, boycott or blog”. European Journal of Marketing 46 (3/4): 387–405. doi:10.1108/03090561211202521. http://eprints.qut.edu.au/53367/. 

関連項目[編集]