ソン・ロアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソン・ロアン

ソン・ロアン(song loan)またはソン・ラン(song lan)は、ベトナムの民族楽器の一つである。[1][2]

構造[編集]

ソン・ロアンは、直径約7センチメートルの中空の木の胴と、弾性のある曲がった金属部品、そして、その先に取り付けられた木の玉から成る。

演奏法[編集]

床に置き、足で踏んで、玉を胴に打ち付けることで演奏する。

文化[編集]

ソン・ロアンは主に、カ・フエなどのベトナムの伝統的な室内楽の中で、拍を維持するのに用いられる。また、Nhạc tài tửやカイ・ルオンといった演劇音楽の中でも用いられる。

出典[編集]

  1. ^ Asia Folklore Association The values and diversity of Asian folklore in the global integration - Page 423 2006 "... sometimes replaced by "song loan" to accompany and keep rhythm);"
  2. ^ Experimental musical instruments Volumes 12-13 1996 - Page 15 "The nhac tien (Example 5) is a variation on the traditional song loan and senh tien."

関連項目[編集]