ソンマ・ロンバルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソンマ・ロンバルド
Somma Lombardo
ソンマ・ロンバルドの風景
Chiesa di San Rocco
ソンマ・ロンバルドの紋章
紋章
行政
イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州の旗 ロンバルディア
県/大都市 Blank.png ヴァレーゼ
CAP(郵便番号) 21019
市外局番 0331
ISTATコード 012123
識別コード I819
分離集落 Case Nuove, Coarezza, Maddalena, Mezzana
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 17,884 [1](2017-01-01)
人口密度 585.6 人/km2
文化
住民の呼称 Sommesi
守護聖人 聖アニェーゼ (Sant'Agnese)
祝祭日 1月21日
地理
座標 北緯45度41分0秒 東経8度42分0秒 / 北緯45.68333度 東経8.70000度 / 45.68333; 8.70000座標: 北緯45度41分0秒 東経8度42分0秒 / 北緯45.68333度 東経8.70000度 / 45.68333; 8.70000
標高 282 (175 - 300) [2] m
面積 30.54 [3] km2
ソンマ・ロンバルドの位置(イタリア内)
ソンマ・ロンバルド
ソンマ・ロンバルドの位置
ヴァレーゼ県におけるコムーネの領域
ヴァレーゼ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

ソンマ・ロンバルドイタリア語: Somma Lombardo)は、イタリア共和国ロンバルディア州ヴァレーゼ県にある、人口約1万8000人の基礎自治体コムーネ)。

ミラノの北西約45kmに位置する都市で、イタリア最大級の空港のひとつであるミラノ・マルペンサ国際空港のターミナル2がある。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ヴァレーゼ県概略図

ヴァレーゼ県南部に位置する。県都ヴァレーゼから南南西へ18km、ノヴァーラから北北東へ27km、州都ミラノから西北西へ45kmの距離にある[4]

市域南端はミラノ・マルペンサ国際空港の敷地となっている(空港敷地の北端部にあたる。空港は、ソンマ・ロンバルド、カゾラーテ・センピオーネカルダーノ・アル・カンポサマラーテフェルノロナーテ・ポッツォーロヴィッツォーラ・ティチーノの市域にまたがる)。空港名にあるマルペンサは、もともと市域に含まれる集落の名称であった。1990年代からの空港改修(マルペンサ2000)によって、フェルノ市域に新たなメインターミナルビル(ターミナル1)が建設され、従来のターミナルビルは「ターミナル2」となっている。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。NOはノヴァーラ県所属。

歴史[編集]

複葉機カプロニ (Caproni Ca.1 (1910) Ca.1(1910年、マルペンサ飛行場)。イタリアで初めて製造された実用的航空機であるが、初飛行中に損壊した。

航空技術者のジョヴァンニ・バッチスタ・カプロニは、1908年にミラノで航空機製造会社(カプロニ社)を設立した。1909年、カプロニ社は、当時陸軍が使用していたマルペンサの農場跡 (it:Cascina Malpensaを飛行機の開発拠点として使用する許可を得、飛行場を開いた。これがミラノ・マルペンサ国際空港の原型となる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]