ソングス・フォー・ア・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソングス・フォー・ア・テイラー
ジャック・ブルーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1969年4月 - 6月 ロンドン ウィレスデン モーガン・スタジオ英語版[1]
ジャンル ロックジャズ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗 ポリドール・レコード
アメリカ合衆国の旗 アトコ・レコード[2]
プロデュース フェリックス・パパラルディ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(イギリス[3]
  • 55位(アメリカ[4]
  • ジャック・ブルース アルバム 年表
    ソングス・フォー・ア・テイラー
    (1969年)
    シングス・ウィー・ライク
    (1970年)
    テンプレートを表示

    ソングス・フォー・ア・テイラー』(Songs for a Tailor)は、イギリスのミュージシャン、ジャック・ブルースクリーム解散後の1969年に発表した、ソロ名義では初のスタジオ・アルバム。ただし、録音順としては次作『シングス・ウィー・ライク』(1968年8月録音、1970年発表)に続く2作目に当たる[1][5]

    背景[編集]

    クリームの4人目のメンバーと言われた作詞家ピート・ブラウン英語版を引き続き起用し[6]、クリーム時代のアルバム『カラフル・クリーム』(1967年)、『クリームの素晴らしき世界』(1968年)も手掛けたフェリックス・パパラルディがプロデュースした[7]。「ハーミストンの運命」と「クリアーアウト」はクリーム時代の未発表曲の再録音で、1967年3月15日に残されたデモ録音は、アルバム『カラフル・クリーム』のデラックス・エディション盤(2004年発売)にボーナス・トラックとして収録された[8]。「イマジナリー・ウェスタン」もクリーム時代に作られた曲だが、クリームによる録音は残されておらず[9]エリック・クラプトンがこの曲を嫌っていたという説もあるが[10]、クラプトン自身は『アンカット』誌2004年5月号のインタビューにおいて、この曲を称賛している[11]

    参加ミュージシャンのうちジョン・ハイズマンディック・ヘクストール=スミスの2人はコロシアムのメンバーで[2][12]、両名は1968年に行われた『シングス・ウィー・ライク』のセッションでもブルースと共演した[1][5]クリス・スペディングはピート・ブラウンが率いていたバタード・オーナメンツのメンバーで、後にブルースのツアー・ギタリストとしても活動した[13]。また、「彼女は調子っぱずれ」には、クリーム時代の曲「バッジ」に続きジョージ・ハリスンがL'Angelo Misteriosoという変名で参加したが、ミキシングの段階でハリスンのパートの音量は抑えられた[12][14]。なお、本作の参加メンバーのうちブルース、ハイズマン、ヘクストール=スミス、ハリー・ベケット英語版、ヘンリー・ロウザー、ジョン・マンフォードの6人は、ニール・アードレイ率いるザ・ニュー・ジャズ・オーケストラのアルバム『Le Déjeuner Sur L'Herbe』(1969年)でも共演している[15]

    アルバム・タイトルは、クリームの衣装をデザインしていたジーニー・フランクリン(本作の制作中の1969年5月12日に交通事故で死去)に捧げられた[16]

    ブルースは2014年のアルバム『シルヴァー・レイルズ』を制作するに当たり、本作を雛形として使ったと語っている[17]

    反響・評価[編集]

    母国イギリスでは、ブルースのソロ・アルバムとしては唯一の全英アルバムチャート入りを果たし、9週トップ100入りして最高6位を記録するヒット作となった[3]。アメリカのBillboard 200では55位を記録するが、以後5年間にわたり、ブルースのアルバムが全米チャート入りすることはなかった[4]

    Joe Viglioneはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「このアルバムはジャズとポップの最もユニークな融合の一つであり、ブルースのキャリアにおいて特に重要なジャンルであるブルース色はそれほど重視されていない」「構造、演奏、演出のいずれも申し分ない」と評している[12]。また、ピーター・マーシュは2003年、BBC公式サイトにおいて「ありがちな言葉だが『名盤』と呼ぶに値する」「表面的にはシカゴブラッド・スウェット・アンド・ティアーズといった初期のジャズ・ロックに近いが、このアルバムはより冒険的で、上品なご馳走だ」と評している[18]。一方、ロバート・クリストガウはB-を付け「彼の背後でどんな事が起こっていようと、ブルースはソロ・シンガーとしては成功していない」と評している[19]

    リイシュー[編集]

    1973年のオランダ盤再発LPは『Superstarshine』というシリーズの第30弾として発売され、ジャケット・デザインはオリジナル盤と異なる[20]。また、2003年のリマスターCDには、「ミニストリー・オブ・バッグ」のデモ・ヴァージョンと、未発表の別ミックス3曲がボーナス・トラックとして追加された[21]

    収録曲[編集]

    全曲とも作詞はピート・ブラウン、作曲はジャック・ブルースによる[12]

    1. 彼女は調子っぱずれ "Never Tell Your Mother She's Out of Tune" – 3:41
    2. イマジナリー・ウェスタン "Theme for an Imaginary Western" – 3:30
    3. 滝へのチケット "Tickets to Water Falls" – 3:00
    4. ハーミストンの運命 "Weird of Hermiston" – 2:22
    5. 月への縄ばしご "Rope Ladder to the Moon" – 2:53
    6. ミニストリー・オブ・バッグ "The Ministry of Bag" – 2:49
    7. リッチモンド "He the Richmond" – 3:35
    8. ボストン・ボール・ゲーム "Boston Ball Game, 1967" – 1:45
    9. アイゼンガード "To Isengard" – 5:27
    10. クリアーアウト "The Clearout" – 2:35

    2003年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. ミニストリー・オブ・バッグ(デモ) "The Ministry of Bag (Demo)" – 3:43
    2. ハーミストンの運命(別ミックス) "Weird of Hermiston (Alt. Mix)" – 2:28
    3. クリアーアウト(別ミックス) "The Clearout (Alt. Mix)" – 3:00
    4. ミニストリー・オブ・バッグ(別ミックス) "The Ministry of Bag (Alt. Mix)" – 3:53

    カヴァー[編集]

    「彼女は調子っぱずれ」は、エレン・マキルウェイン英語版のアルバム『We the People』(1973年)でカヴァーされた[22]。また、「イマジナリー・ウェスタン」はコロシアム(ジョン・ハイズマンとディック・ヘクストール=スミスの所属バンド)のアルバム『ドーター・オブ・タイム』(1970年)[23]マウンテン(フェリックス・パパラルディの所属バンド)のアルバム『勝利への登攀』(1970年)[24]でカヴァーされ、更にマウンテンのギタリストのレスリー・ウェストは、ソロ・アルバム『Theme』(1988年)において、作者のブルース本人と共にこの曲を再演した[25]

    ブルースは2001年のアルバム『Shadows in the Air』で本作からの「リッチモンド」と「ボストン・ボール・ゲーム」をセルフ・カヴァーしており、同作の「リッチモンド」にはヴァーノン・リードがゲスト参加した[26]

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c Elliott, Bob. “Jack Bruce: Comprehensive Discography”. The Official Jack Bruce Website. 2016年2月11日閲覧。
    2. ^ a b Jack Bruce - Songs For A Tailor (Vinyl, LP, Album) at Discogs - アメリカ盤LPの情報
    3. ^ a b JACK BRUCE | full Official Chart History | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される
    4. ^ a b Jack Bruce - Awards”. AllMusic. 2014年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月1日閲覧。
    5. ^ a b Jack Bruce obituary”. The Guardian. Guardian News and Media (2014年10月26日). 2016年2月11日閲覧。
    6. ^ Fricke, David (2005年5月17日). “Cream's Pete Brown discusses the band”. Rolling Stone. 2016年2月11日閲覧。
    7. ^ Felix Pappalardi | Credits | AllMusic
    8. ^ Cream (2) - Disraeli Gears (CD, Album) at Discogs - 2004年デラックス・エディション盤の情報
    9. ^ Greenwald, Matthew. “Theme for an Imaginary Western - Mountain - Song Info”. AllMusic. 2016年2月11日閲覧。
    10. ^ Theme From An Imaginary Western by Mountain”. Songfacts. 2016年2月11日閲覧。
    11. ^ Williamson, Nigel (2004年5月). “Eric Clapton on Cream: "I was in a confrontational situation 24 hours a day…"”. Uncut. Time Inc. (UK). 2016年2月11日閲覧。
    12. ^ a b c d Viglione, Joe. “Songs for a Tailor - Jack Bruce”. AllMusic. 2016年2月11日閲覧。
    13. ^ Eder, Bruce. “The Battered Ornaments - Biography & History”. AllMusic. 2016年2月11日閲覧。
    14. ^ 11 May 1969: George Harrison performs on a Jack Bruce session”. The Beatles Bible. 2016年2月11日閲覧。
    15. ^ The New Jazz Orchestra - Le Déjeuner Sur L'Herbe (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    16. ^ Alexander, Phil (2014年10月26日). “Jack Bruce: 1943-2014, MOJO Writes In Tribute”. Bauer Media Group. 2016年2月11日閲覧。
    17. ^ Graff, Gary (2014年4月10日). “Jack Bruce, 'Reach for the Night': Song Premiere From Cream Star's First Album in a Decade”. Billboard. 2016年2月11日閲覧。
    18. ^ Marsh, Peter (2003年). “Review of Jack Bruce - Songs For A Tailor”. BBC. 2016年2月11日閲覧。
    19. ^ Christgau, Robert. “CG: Jack Bruce”. 2016年2月11日閲覧。
    20. ^ Jack Bruce - Superstarshine Vol.30 (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    21. ^ Jack Bruce - Songs For A Taylor (CD, Album) at Discogs - 2003年リマスターCDの情報
    22. ^ We the People - Ellen McIlwaine | AllMusic
    23. ^ Daughter of Time - Colosseum | AllMusic
    24. ^ Climbing! - Mountain | AllMusic
    25. ^ Leslie West - Theme (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    26. ^ Jack Bruce - Shadows in the Air”. The Official Jack Bruce Website. 2016年2月11日閲覧。

    外部リンク[編集]