ソロモン作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flickr - Government Press Office (GPO) - LINE OF ETHIOPIAN IMMIGRANTS STREAMING OUT OF THE HERCULES.jpg

ソロモン作戦(ソロモンさくせん、英語: Operation Solomonヘブライ語: מִבְצָע שלמה, Mivtza Shlomo)は、1991年5月イスラエル空軍などの協力によって行われた、ベタ・イスラエル[1]エチオピアユダヤ教徒たち)をイスラエルへ短時間で大量輸送して脱出させる作戦。

概要[編集]

当時のイスラエル首相は、イツハク・シャミルだった。

その頃、エチオピアは政局が混乱(メンギスツ・ハイレ・マリアムが失脚)していた。その影響を受けないうちに、かねてから計画していた黒人ユダヤ教徒の移民を、早急に実現に踏み切ることとなった。

関連文献[編集]

  • 『エチオピアのユダヤ人 イスラエル大使のソロモン作戦回想紀』(アシェル・ナイム著、鈴木元子訳、明石書店「世界人権問題叢書」2005年)[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ファラシャという呼称もあるが、「侮蔑的である」として忌避される場合がある。
  2. ^ エチオピア・ユダヤ人の奇跡のアリヤー : ソロモン作戦 - 鈴木元子 静岡文化芸術大学研究紀要 5, 31-39, 2004(PDF)
  3. ^ 版元ドットコム

外部リンク[編集]