ソロモン・ミホエルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソロモン・ミハイロヴィチ・ミホエルス
ロシア語: Соломон Михайлович Михоэлс
ソロモン・ミハイロヴィチ・ミホエルス ロシア語: Соломон Михайлович Михоэлс
本名 シュロイメ・ヴォーフシ
Шло́ймэ Во́вси
生年月日 (1890-03-04) 1890年3月4日
没年月日 (1948-01-13) 1948年1月13日(57歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ダウガフピルス
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

ソロモン・ミハイロヴィチ・ミホエルスロシア語: Соломон Михайлович Михоэлс, 1890年3月4日 - 1948年1月13日)は、ソ連舞台監督俳優ソ連人民芸術家ユダヤ人反ファシスト委員会(EAK)議長。本名は、シュロイメ・ヴォーフシШло́ймэ Во́вси)。

経歴[編集]

1919年から舞台に立つ。1925年、モスクワ国立ユダヤ人劇場を設立い、1929年にその芸術指導官となった。ミホエルスの最も有名な役名は、リール(Кроль Лир)、牛乳屋(Тевье-молочник)だった。1941年、モスクワ劇場学校の教授。

1942年2月、「全世界のユダヤ人人民大衆のファシズムとの闘争への参加」のために創設されたユダヤ人反ファシスト委員会(EAK)の初代議長となった。同委員会には、P.カピツァ、セルゲイ・エイゼンシュテインサムイル・マルシャークイリヤ・エレンブルグ等も参加した。全露劇場協会幹部会議員、芸術職員労働組合中央委員会委員。同時に国家保安機関の職員でもあった。

戦後、EAKの他のメンバーと共に、イスラエル建国に関する情報を収集した。しかし、情報は誤っており、ソ連の軍事援助を得たイスラエルには、親米政権が誕生した。この後、EAKは解散され、その指導者達は弾圧された。ミホエルスは、舞台評論家のV.ゴルベフ=ポタポフと共に、ソ連国家保安省のエージェントにより事故を装って暗殺された。

パーソナル[編集]

弟のミロン・ヴォーフシ(ロシア語: Мирон Семенович Вовси1897年 - 1960年)は、医師で、クレムリンの病院で働き、赤軍主任内科医、ソ連医学アカデミー会員等を務めた。1953年1月に医師団陰謀事件で逮捕されたが、同年4月に釈放された。娘の夫は作曲家ミェチスワフ・ヴァインベルクである。