ソロモンミズナギドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベックミズナギドリ
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ミズナギドリ目 Procellariiformes
: ミズナギドリ科 Procellariidae
: Pseudobulweria
: ベックミズナギドリ
P. becki
学名
Pterodroma becki
(Murphy, 1928)[1][2]
シノニム

Procellaria becki Murphy, 1928[1]
Pterodroma becki[3]

和名
ベックミズナギドリ[3]
英名
Beck's petrel[1][2][3]

ベックミズナギドリソロモンミズナギドリ[要出典]Pseudobulweria becki) は、ミズナギドリ目ミズナギドリ科Pseudobulweria属に分類される鳥類。

分布[編集]

ソロモン諸島パプアニューギニア[1][3]

形態[編集]

全長29センチメートル[1][3]。頭部と頸部・上面・胸部までの下面は黒褐色、下胸から腹部・尾羽基部の下面を被う羽毛(下尾筒)は白い[3]

分類[編集]

セグロシロハラミズナギドリP. rostrataの亜種とする説もあった[3]

人間との関係[編集]

1920年代末に2羽の標本が採取されたのみで、未確認の報告例はあったもののそれ以降は標本の採集例がなかった[1][3]。2007年に再発見され1日あたり最大16羽、少なくとも30羽が生息することが確認された[1]。2006年にグレートバリアリーフ周辺で、2010年にはバヌアツ諸島で報告例がある[1]。それ以前の標本数が非常に少ないことから、生息数そのものも非常に少ないと考えられている[1][3]。繁殖地は不明だが森林伐採や採掘などによる破壊、人為的に移入されたネコやネズミなどの捕食により壊滅する可能性が懸念されている[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k BirdLife International. 2016. Pseudobulweria becki. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22697913A93646628. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22697913A93646628.en. Downloaded on 30 January 2018.
  2. ^ a b Loons, penguins, petrels, Gill F & D Donsker (Eds). 2018. IOC World Bird List (v 8.1). http://dx.doi.org/10.14344/IOC.ML.8.1. (Retrieved 27 January 2018)
  3. ^ a b c d e f g h i 竹下信雄 「ベックミズナギドリ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ7 オーストラリア、ニューギニア』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、168頁。

関連項目[編集]