ソロモンとシバの女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソロモンとシバの女王
Solomon and Sheba
Solomon and Sheba theatrical release poster.jpg
全米公開時のポスター
監督 キング・ヴィダー
脚本 アンソニー・ヴェイラー
ポール・ダッドリー
原案 クレイン・ウィルバー
原作 列王記」、「歴代誌
(「旧約聖書」)より
製作 テッド・リッチモンド
出演者 ユル・ブリンナー
ジーナ・ロロブリジーダ
音楽 マリオ・ナシンベーネ
撮影 フレディ・A・ヤング
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年12月25日
日本の旗 1959年11月22日
上映時間 141分
122分(日本版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $12,200,000[2]
配給収入 1億168万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

ソロモンとシバの女王』(原題:Solomon and Sheba)は、1959年制作のアメリカ合衆国の映画キング・ヴィダー監督。

旧約聖書」の「列王記」と「歴代誌」に記されたソロモンシバの女王の物語の映画化。

当初はタイロン・パワー主演で製作されていたが、撮影中にパワーが急死したため、ユル・ブリンナーが代役に立てられた[4][5]。パワーの出演シーンは全て撮り直された[6][7]

あらすじ[編集]

紀元前10世紀。病に倒れたイスラエル王ダビデは、2人の息子・アドニヤソロモンのどちらに王位を継がせるかを考え始める。

その頃、2人はエジプト軍との戦いの最中であった。2人は戦いに勝利するが、そこへ父王危篤の知らせが来る。ソロモンは急ぎイスラエルに戻るが、アドニヤはエジプト軍に加わっていたシバの女王を追い、服従を強要したが、拒絶される。

ダビデは神託により、王位をソロモンに継がせることを決定、兄弟で争うなという遺言を遺して亡くなった。

ソロモンの治世となり豊かとなったイスラエルをねたみ、エジプト王は再び戦いを仕掛けようとする。それに対し、シバの女王はソロモンの信仰を変えさせ、民衆を離反させる策を提案、自らその役目を負い、ソロモンに近づく。

ソロモンは彼女の美しさに惹かれ、女王もまたいつかソロモンに恋するようになり、ついには結婚を望むようになるのだが…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Scheuer, Philip K (1958年1月13日). “Comedy Will Star Taylor: Small Splurges on 'Solomon;' Mann to Film 'Ripe Fruit'”. Los Angeles Times: p. C9 
  2. ^ Block, Alex Ben (2010). George Lucas's Blockbusting: A Decade-by-Decade Survey of Timeless Movies ... HarperCollins. pp. 976. http://books.google.com/books?id=vpbuSXSSqdkC&pg=PA323&lpg=PA323&dq=solomon+and+sheba+box+office&source=bl&ots=Tte3SY9YoP&sig=GMYRWDi6N-N1HYB0aBi4WGBKgzs&hl=en&sa=X&ei=8xopUPCWAqjGiwK4voCoDw&ved=0CEcQ6AEwBA#v=onepage&q=solomon%20and%20sheba%20box%20office&f=false. 
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)159頁
  4. ^ “Tyrone Power, 44, Dies in Spain; Stricken After Duel on Film Set: Tyrone Power, 44, Dies in Spain; Stricken After Duel on Film Set”. New York Times. Associated Press.: p. 1. (1958年11月16日) 
  5. ^ “Yul Brynner to Take Over Tyrone Power's Film Role: Immediate Resumption Set in Spain”. Los Angeles Times: p. B1. (1958年11月17日) 
  6. ^ “Future Still in Doubt for Power's Last Film: One of 3 Coproducers Reportedly Engaged Yul Brynner Without Consulting Partners”. Los Angeles Times: p. 28. (1958年11月19日) 
  7. ^ “Movie Halted; Some Scenes May Be Saved”. Los Angeles Times: p. A. (1958年11月16日) 

外部リンク[編集]