ソリス湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソリス湖
Solis Lacus
ソリス湖
ソリス湖
種類 地域
天体 火星 火星
座標 南緯26度 西経85度 / 南緯26度 西経85度 / -26; -85座標: 南緯26度 西経85度 / 南緯26度 西経85度 / -26; -85

ソリス湖(ソリスこ、: Solis Lacus)は、火星の低アルベド地形の地名である。

ソリス湖はタルシスの南東とマリネリス峡谷の南西、高アルベド地形サウマシアの中に位置する、瞳孔が似ている、かつてラテン語の目―オクルス (Oculus) 及び火星の目と呼ばれる、砂嵐が発生したときにサイズと形状を変更する[1]

脚注[編集]

  1. ^ Beish, Jeffrey D.. “Chapter 4 -- SURFACE FEATURES OF MARS”. Observing the Planet Mars. 2006年10月22日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]