ソメモノカズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソメモノカズラ[1]
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: リンドウ目 Gentianales
: キョウチクトウ科 Apocynaceae[1]
: キジョラン属 Marsdenia
: Marsdenia tinctoria
学名
Marsdenia tinctoria R.Br. var. tomentosa Masam.[1]
和名
ソメモノカズラ

ソメモノカズラ(染物蔓、学名Marsdenia tinctoria R.Br. var. tomentosa Masam.)はキョウチクトウ科つる植物の一種である。

奄美群島トカラ列島琉球諸島台湾華南に分布し[1]藍色染料採取のため利用される。鹿児島県では準絶滅危惧種に指定されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ソメモノカズラ Marsdenia tinctoria R.Br. var. tomentosa Masam.”. 琉球の植物データベース. 国立科学博物館. 2018年7月26日閲覧。