ソマリ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国内におけるソマリ州の位置
ソマリ州の旗

ソマリ州Somali Region)は、エチオピア。エチオピア東部に位置し、北西部をアファール州に、北部の一部をジブチに、北部をソマリランドに、東部をソマリアに、西部をオロミア州に接する。また、州の北東部ではディレ・ダワ自治区にも接する。州都はジジガ。人口4,329,001人、面積279,252km²。1995年民族ごとに州が再編された際、ハラルゲ州の一部を割いて作られた。

オガデンとも呼ばれ、1970年代にはこの地の帰属を巡って大ソマリア主義を掲げるソマリアのシアド・バーレ大統領が侵攻し、戦火が交えられた(オガデン戦争)。また、現在も隣接するソマリアの国家崩壊の影響を受け、反政府運動が盛んであり情勢は安定していない(Insurgency in Ogaden)。

面積はオロミア州についでエチオピアで二位にあるものの、乾燥地域で人口が少なく、州人口では5位となっている。

人口構成は、ソマリ人(96.23%), オロモ人(2.25%)、アムハラ人(0.69%)、グラジェ人(0.14%)。人口の98.4%がイスラム教であり、宗教的同質性が極めて高い州であり、エチオピア正教が多数派の国内では突出している。

乾燥地帯のため、牧畜が主産業となっている。

関連項目[編集]