ソフトパッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソフトパッドは、自動車ダッシュボードステアリングシフトノブ、ドアアームレスト、ドアの内張、サイドブレーキなどに使われている塩化ビニールを用いた柔らかいパーツを指す。

概要[編集]

トヨタ・カローラを例にすると、初代のマイナーチェンジで採用されてから8代目 E110型まで増減を繰り返し、8代目のマイナーチェンジ後では上記項目すべてにかなり柔らかめのものが採用されている。

近年は減少傾向にあり、硬質プラスチックが増えている。地球環境問題に配慮するためのリサイクル化もあり(外部リンク参照)、これまでの塩化ビニール(パウダースラッシュ)に代わる発泡ウレタンが用いられるようになってきた。

日産・フェアレディZの6代目Z34型のアームレストには、新技術のソフトフィールシボが採用されている。この技術は材質は硬いままに、触ると柔らかく感じられるように作ったものである。

おもな採用車種[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]