ソフィー・ド・リュクサンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソフィー
Sophie
ナッソー=ヴェイユブール家
Princess Sophie of Luxembourg (1907 - 1942).JPG
全名 Sophie Caroline Marie Wilhelmine
ソフィー・カロリーヌ・マリー・ヴィレルミーヌ
出生 (1902-02-14) 1902年2月14日
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク、コンマー=ベルク、ベルク城
死去 (1941-05-24) 1941年5月24日(39歳没)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国ミュンヘン
配偶者 エルンスト・ハインリヒ・フォン・ザクセン
子女 デド
ティーモ
ゲロ
父親 ギヨーム4世
母親 マリー=アンヌ・ド・ポルテュガル
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ソフィー・ド・リュクサンブール:Sophie Caroline Marie Wilhelmine de Luxembourg:Sophie Caroline Marie Wilhelmine Prinzessin vu Lëtzebuerg, 1902年2月14日 - 1941年5月24日)は、ルクセンブルク大公国の大公女で、ザクセン王子エルンスト・ハインリヒの妻。

生涯[編集]

ルクセンブルク大公ギヨーム4世と、その妻でポルトガルの廃王ミゲル1世の娘であるマリア・アンナの間の六女、末娘としてルクセンブルクのコルマー=ベルグ(Colmar-Berg)のベルク城(Schlass Bierg)で生まれた。

1921年4月12日、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世の末息子エルンスト・ハインリヒ王子とバイエルンのホーエンブルク城(Schloss Hohenburg)で結婚した。夫妻は間に3人の息子をもうけたが、ソフィーは1941年に肺炎のために亡くなった。エルンスト王子は1947年に女優のジーナ・デュロンと再婚している。

子女[編集]

  • アルブレヒト・フリードリヒ・アウグスト・ヨハンネス・グレゴール・デド(1922年 - 2009年)
  • ゲオルク・ティーモ・ミヒャエル・ニコラウス・マリア(1923年 - 1982年)
  • ループレヒト・フーベルトゥス・ゲロ・マリア(1925年 - 2003年)