ソフィー・キンセラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソフィー・キンセラ
Sophie Kinsella
Sophie Kinsella.jpg
ペンネーム マデリーン・ウィッカム (Madeleine Wickham)
誕生 マデリーン・ソフィー・タウンリー
(Madeleine Sophie Townley)
(1969-12-12) 1969年12月12日(50歳)
イギリスの旗 ロンドン
職業 小説家
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1995年 -
ジャンル チック・リット
代表作 レベッカのお買いもの日記シリーズ
デビュー作 『悪意と憂鬱の英国式週末テニス』
公式サイト www.sophiekinsella.co.uk
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ソフィー・キンセラSophie Kinsella、本名:マデリーン・ソフィー・ウィッカム〈Madelein Sophie Wickham〉、1969年12月12日 - )は、イギリスの小説家。マデリーン・ウィッカム名義でも活動する。「レベッカのお買いもの日記」シリーズは、『お買いもの中毒な私!』のタイトルでアイラ・フィッシャー主演で映画化された。ソフィー・キンセラという名前は、自身のミドルネームと母の旧姓から採られている[1]

経歴[編集]

ロンドン南西部の町パットニーの私立女子高校パットニー高校と、ドーセットシェルボーンマーケットタウンにある全寮制女子高校シェルボーン女子高校で学んだ後、オックスフォード大学ニュー・カレッジに進学。当初は音楽を学ぶが、後に政治哲学経済に転科する[2]

金融ジャーナリストとして働いていた[3]24歳の時に処女作『悪意と憂鬱の英国式週末テニス』(原題:"The Tennis Party" )を上梓するやベストセラーのトップ10にランクインするなど絶賛される。その後もマデリーン・ウィッカム名義で"A Desirable Residence", "Swimming Pool Sunday", "The Gatecrasher", "The Wedding Girl", "Cocktails for Three", "Sleeping Arrangements" の6作の小説を上梓した。

ソフィー・キンセラ名義の処女作『エマの秘密に恋したら……』(原題:Can You Keep a Secret? )を現在の出版社にウィッカムの名を明かさずに送ったところ、熱狂的に受け入れられたため、2005年12月に刊行される時に正体を明かした[4]

代表作「レベッカのお買いもの日記」シリーズは、自分の経済状態に無頓着な金融ジャーナリスト、レベッカ(ベッキー)・ブルームウッドの買い物依存症が招く不運を描いた作品で、シリーズの1作目と2作目は『お買いもの中毒な私!』として2009年アイラ・フィッシャー主演で映画化された。シリーズ第6作『レベッカのお買いもの日記6 サプライズ大作戦!編』(原題:Mini Shopaholic )は2010年9月に刊行され、最新作"Shopaholic to the Stars" は2014年9月に刊行された。

現在は、大学時代に出会った夫のヘンリー・ウィッカムとロンドンに住んでいる。夫は以前は私立男子高校の校長をしていたが、現在はキンセラの仕事の雑務を請け負っている。2人が結婚したのは1991年で、4人の息子と1人の娘がいる[5]

作品リスト[編集]

ソフィー・キンセラ名義[編集]

レベッカのお買いもの日記シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
1 買い物中毒のひそかな夢と欲望 The Secret Dreamworld of a Shopaholic 2000年 2001年5月 飛田野裕子 扶桑社
【改題】レベッカのお買いもの日記 1 2003年3月 ヴィレッジブックス
2 レベッカのお買いもの日記 2 NYでハッスル篇 Shopaholic Abroad 2001年 2003年11月 佐竹史子 ヴィレッジブックス
3 レベッカのお買いもの日記 3 ついに結婚!?篇 Shopaholic Ties the Knot 2001年 2005年4月
4 レベッカのお買いもの日記 4 波乱の新婚生活!篇 Shopaholic and Sister 2004年 2008年12月
5 レベッカのお買いもの日記 5 ベイビー・パニック!篇 Shopaholic and Baby 2007年 2009年5月
6 レベッカのお買いもの日記 6 サプライズ大作戦!篇 Mini Shopaholic 2010年 2011年5月
7 Shopaholic to the Stars 2014年
単独作
邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
エマの秘密に恋したら… Can You Keep a Secret? 2005年 2007年4月 佐竹史子 ヴィレッジブックス
家事場の女神さま The Undomestic Goddess 2006年 2013年2月 佐竹史子 ヴィレッジブックス
本日も、記憶喪失。 Remember Me? 2008年 2012年5月 佐竹史子 ヴィレッジブックス
スターな彼女の捜しもの Twenties Girl 2009年 2014年1月 佐竹史子 ヴィレッジブックス
I've Got Your Number 2012年
Wedding Night 2013年
オムニバス
  • "Changing People" (オムニバス"Girls Night In" (2004) に収録)

マデリーン・ウィッカム名義[編集]

  • 悪意と憂鬱の英国式週末テニス The Tennis Partyイギリスの旗 1995年 / 日本の旗 1998年9月 岡田葉子訳 早川書房
  • A Desirable Residence (1996)
  • Swimming Pool Sunday (1997)
  • The Gatecrasher (1998)
  • The Wedding Girl (1999)
  • Cocktails for Three (2000)
  • Sleeping Arrangements (2001)

出典[編集]

  1. ^ Sophie Kinsella Biography – life, family, children, parents, name, story, wife, school, mother – Newsmakers Cumulation”. Notablebiographies.com. 2012年3月29日閲覧。
  2. ^ Madeleine Wickham”. Fantasticfiction.co.uk. 2012年3月29日閲覧。
  3. ^ Caldwell, Rebecca (2010年9月21日). “Famous pen names”. Chatelaine. http://www.chatelaine.com/en/article/19613--famous-pen-names 2012年3月30日閲覧。 
  4. ^ Biography”. Sophie Kinsella. 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月29日閲覧。
  5. ^ WICKHAM – Births Announcements – Telegraph Announcements”. Announcements.telegraph.co.uk (2010年4月15日). 2012年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]