ソフィアン・アムラバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソフィアン・アムラバト Football pictogram.svg
2018 FIFA World Cup Group B march IRN-MAR 28 (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Sofyan Amrabat
基本情報
国籍 モロッコの旗 モロッコ
オランダの旗 オランダ
生年月日 (1996-08-21) 1996年8月21日(26歳)
出身地 ハイゼン
身長 185cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ
ポジション MF (DH, CH)
背番号 34
利き足 右足
ユース
-2007 オランダの旗 HSV De Zuidvogels
2007-2014 オランダの旗 ユトレヒト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2017 オランダの旗 ユトレヒト 42 (0)
2017-2018 オランダの旗 フェイエノールト 21 (1)
2018-2020 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 25 (1)
2019-2020 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ (loan) 34 (1)
2020 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 0 (0)
2020- イタリアの旗 フィオレンティーナ 54 (1)
2020 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ (loan) 15 (1)
代表歴2
2010-2011  オランダ U-15 4 (0)
2013  モロッコ U-17 3 (0)
2016  モロッコ U-23 2 (0)
2017- モロッコの旗 モロッコ 46 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年11月13日現在。
2. 2022年12月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ソフィアン・アムラバトSofyan Amrabat1996年8月21日 - )は、オランダ北ホラント州ブラリクム英語版出身のモロッコ系オランダ人のサッカー選手ACFフィオレンティーナ所属。モロッコ代表。ポジションは、ミッドフィールダー。兄はノルディン・アムラバトであり、プレーに関してだけでなくキャリア選択でも多くの助言を受けている[1]

クラブ経歴[編集]

アムラバトはHSV De Zuidvogelsでサッカーを始め、2007年にFCユトレヒトのユースに加入した。2014年11月2日、フィテッセ戦でクリストファー・ペテルソンとの交代で途中出場しプロデビューを果たした。アムラバトは2016-17シーズンにPSVに移籍したバルト・ラムセラールの穴を埋める形でFCユトレヒトのスタメン選手に成長した。チームのエールディヴィジ4位の成績に貢献し、UEFAヨーロッパリーグの出場権を賭けたプレーオフも制した。このプレーオフの初戦である2017年5月17日のSCヘーレンフェーン戦では先制点となる、自身のプロ初ゴールを決めている。

国内外から多くの関心を集めていたアムラバトは、兄ノルディンの助言もあって国内でのステップアップを希望した。2017年6月30日m「自分に合うクラブ」と語る前シーズンにエールディヴィジを制したフェイエノールトと2021年までの契約を結んだ[2]。移籍金は約400万ユーロと報じられた[3]

2018年8月24日、クラブ・ブルッヘに4年契約で加入した[4]

2019年8月21日、350万ユーロでの買取オプション付きでセリエAエラス・ヴェローナFCに1シーズンのみレンタル移籍をした[5]。4日後のボローニャFCとの試合でデビューすると、すぐにレギュラーに定着し、シーズン中盤にはインテルからの強い関心も寄せられた[6]

2020年1月31日、移籍金約1800万ユーロでACFフィオレンティーナに引き抜かれたが、2019-20シーズン終了まではエラス・ヴェローナに所属することとなった[7]

代表経歴[編集]

キャリアで最初のナショナルチームはオランダ代表を選択したが、U-17の世代別代表から両親の祖国であるモロッコ代表を選択した。

2017年3月28日、チュニジア代表との親善試合でモロッコ代表デビューを飾ると、2018年5月には2018 FIFAワールドカップの登録メンバーに選出された[8]

2022年11月10日、2022 FIFAワールドカップに臨むモロッコ代表に招集され、自身2度目のワールドカップを迎えることとなった[9]。本大会ではボランチとアンカーとして全6試合に出場し、モロッコ史上初となるベスト4進出に貢献した[10]

プレースタイル・評価[編集]

フィジカルの強いボックス・トゥ・ボックスの選手。FCユトレヒトでのチームメイト、ナセル・バラジテは「パワー、効率性、競り合いでの力、良いパス技術、走力とモダンなMFに求められる全てを兼ね備えている」と評した[11]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

フェイエノールト
クラブ・ブルッヘ

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]