ソニー・バージャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソニー・バージャー
生誕 ラルフ・ヒューバート "ソニー" バージャー
(1938-10-08) 1938年10月8日(82歳)
アメリカ合衆国カリフォルニア州スタニスラウス郡モデスト
別名 サニー・バージャー
職業 作家俳優
著名な実績 ヘルズ・エンジェルスオークランド支部の創設
公式サイト http://sonnybarger.com/

ラルフ・ヒューバート "ソニー" バージャーRalph Hubert "Sonny" Barger1938年10月8日 - )は、アメリカ合衆国のモーターサイクル・クラブ「ヘルズ・エンジェルスオークランド支部の創設メンバー、俳優作家である。日本ではサニー・バージャーと表記されることもある[注釈 1][1][2][3][4][5][6]

経歴[編集]

1930-50年代[編集]

1938年10月8日、アメリカ合衆国カリフォルニア州スタニスラウス郡モデストで生まれる。

1948年3月17日、オットー・フリードリがカリフォルニア州フォンタナヘルズ・エンジェルスを結成する。

1957年、ヘルズ・エンジェルスのオークランド支部を創設[7]。後に支部長となる[8]

1960年代[編集]

バージャーは、 ハンター・S・トンプソンが1966年に出版した 『ヘルズ・エンジェルズ―地獄の天使たち 異様で恐ろしいサガ』で注目された。

ヘルズ・エンジェルスも一躍有名になり、同グループをモチーフにした67年の映画『爆走!ヘルズ・エンジェルス』と69年の映画『大暴走・地獄のライダー』に出演するなど俳優として活動を始める。これらの映画では、ヘルズ・エンジェルスの鉄の掟や風習などが克明に描かれた[5]

1969年にローリング・ストーンズが主催したオルタモント・フリーコンサートで、ヘルズ・エンジェルスは警備を担当していた。バージャーも参加していたが、この際、観客の一人であった黒人青年メレディス・ハンター英語版とヘルズ・エンジェルスが小競り合いとなり、青年はメンバーよってナイフで殺害された。バージャーはカリフォルニアの地方ラジオ局に出演し、青年が拳銃を抜いたため身を守るため刺殺したと、自分達の正当性を主張した。ライブの模様は1970年に公開されたドキュメンタリー映画『ギミー・シェルター英語版』のために収録されていたが、被害者が手に拳銃のような黒い物体を手にしているのは確認できる。その後の裁判で実行犯の正当防衛が認められ、無罪判決が下された。しかし結局、拳銃は見つからなかった[9][10]

一連の騒動は「オルタモントの悲劇」と呼ばれ、ローリング・ストーン誌は同イベントを「ロックンロールにとって最悪の日」と評した[11][12]

1980年代[編集]

バージャーはヘビースモーカーでもあり、1983年には頭頸部癌と診断された。 診断と治療はサンフランシスコのマイリーVA病院で行われた。 ステージIIIの喉頭がんであり、Michael Tralla MD FACSによって喉頭全摘術が行われた。 その結果、声帯をすべて失った。そのため、食道の筋肉を使って発声する方法を学んだ。テレビ番組やインタビューなどに出演することもあるが、声がかすれて聞き取りにくいにはこのためである。

1988年、ケンタッキー州ルイビルにあったヘルズ・エンジェルスのライバルグループのクラブハウス [13]を爆破するために共謀した罪で逮捕された。有罪判決を受け、アリゾナ州の連邦刑務所で4年間服役した[要出典]

1998年にオークランドから引っ越し、ヘルズ・エンジェルズのアリゾナ州ケーブ・クリーク支部の現役メンバーとして活動している[8][14][ 引用が必要 ]

2000年代[編集]

2001年には自伝Hell's Angel: The Life and Times of Sonny Barger and the Hells Angels Motorcycle Club』を出版。ベストセラーとなり、以後は作家としても活動している。

近年、バージャーはオートバイの安全性を促進する活動に取り組んでいる。彼は『The Complete Idiot's Guide to Motorcycles』 (1998年)[15]の著者ダーウィン・ホルムストロムと共に、『Let's Ride:Sonny Barger's Guide to Motorcycling』(2010年)を出版した[16]

2010年11月30日、ヘルズ・エンジェルスをモデルとした架空の無法者モーターサイクルクラブの FXテレビシリーズ『サン・オブ・アナーキー』のシーズン3最終話にゲスト出演した。 番組の制作者であるカート・サッター英語版は、研究のためにバージャーやヘルズ・エンジェルスの他のメンバーと時間を過ごしリアリティを追求した。バージャーはシーズン4の最終話、2012年11月13日に放映されたシーズン5エピソード10の計3度ゲスト出演した。

2010年、映画監督トニー・スコットが『ヘルズ・エンジェルス』(仮題)を企画していることが分かった。これはバージャーの自伝を元にしたもので、10年以上も温めてきたという[5]。若い刑事が「ヘルズ・エンジェルス」へ潜入し、バージャーとの係わり合いを描いていく。この映画は、ジョニー・デップアル・パチーノが共演した『フェイク』のような作品になるという[5]。監督は、悪名高いバージャー役にミッキー・ローク、若い刑事役にシャイア・ラブーフを希望しており、すでに2人とはミーティングをしたと伝えられているが、正式なオファーは出されていない[5]

2012年8月19日、トニー・スコットがカリフォルニア州サンペドロの橋から飛び降りて自殺した[17][18]

2014年、『ヘルズ・エンジェルス』(原題:Hell's Angels)の製作が本格的に始動しているとDeadlineが報じた[6]。2年前に監督が亡くなったことで企画倒れになっていたが、かなり内容を変更し再度企画が進められた。報道によると、テレビシリーズ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』で脚本兼製作総指揮を担当したロブ・ワイスが、フォックス2000ピクチャーズのもと企画しており、ジェフ・サントスが脚本と監督を務めるという[6]。ストーリーはバージャーを中心に展開され、ヘルズ・エンジェルスの起源から1969年の「オルタモントの悲劇」により、その後組織がどう変化していくまでが描かれるという[6]

出演作品[編集]

邦題
原題
備考
1967 爆走!ヘルズ・エンジェルス
Hells Angels on Wheels
[19]
1969 大暴走・地獄のライダー
Hell's Angels '69
1970 ギミー・シェルター
Gimme Shelter
1983
Hell's Angels Forever [注釈 2]
[20]
2010
2012
サン・オブ・アナーキー
Sons of Anarchy
Lenny "The Pimp" Janowitz
2012
Dead in 5 Heartbeats
[21] [22] [23]

著書[編集]

原題 邦題
2001 with Keith Zimmerman (2001). Hell's Angel: The Life and Times of Sonny Barger and the Hell's Angels Motorcycle Club. William Morrow. ISBN 0-06-093754-8  ラルフ・“サニー”・バージャー『ヘルズ・エンジェル : サニー・バージャーとヘルズ・エンジェルズ・モーターサイクル・クラブの時代』小林宏明訳、無名舎、2001年、369頁。ISBN 4-89585-940-1
2003 Ridin' High, Livin' Free: Hell-Raising Motorcycle Stories. William Morrow. (2003). ISBN 0-06-000603-X 
2003 Ridin' High, Livin' Free: Hell-Raising Motorcycle Stories. William Morrow. (2003). ISBN 0-06-000603-X 
2004 Dead in 5 Heartbeats. HarperTorch. (2004). ISBN 9780060532536. https://archive.org/details/deadin5heartbeat00barg 
2005 Freedom: Credos from the Road. William Morrow. (2005). ISBN 0-06-053256-4 
2006 6 Chambers, 1 Bullet. William Morrow. (2006). ISBN 9780060745318. https://archive.org/details/6chambers1bullet00ralp 
2010 Let's Ride: Sonny Barger's Guide to Motorcycling. William Morrow. (2010). ISBN 0-06-196427-1 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ タワーレコード、CDJournal、日刊サイゾーなどはソニー表記。ヒストリーチャンネルの番組『バイクに乗ったギャング集団「ヘルズ・エンジェルス」』、バージャーの自伝の日本版ではサニー表記。シネマトゥデイは両方の表記の記事があるなど表記が揺れている。
  2. ^ featuring ソニー・バージャー、ジェリー・ガルシア、スコット・バーンズ、ジョニー・ペイチェック、ウィリー・ネルソン

出典[編集]

  1. ^ ジョニー・デップが愛した"極道記者" 『GONZO』奇人がスターだった時代”. 日刊サイゾー (2011年2月22日). 2020年7月20日閲覧。
  2. ^ 大暴走・地獄のライダー [DVD[廃盤]]”. CDJournal. 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ アーティスト詳細”. タワーレコード. 2020年7月20日閲覧。
  4. ^ バイクに乗ったギャング集団「ヘルズ・エンジェルス」(字幕版)”. amazon. 2020年7月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e ミッキー・ロークが悪名高いバイカー役!トニー・スコット監督の新作2本へ出演決定”. シネマトゥデイ (2010年5月7日). 2020年7月20日閲覧。
  6. ^ a b c d 「ヘルズ・エンジェルス」のサニー・バージャーを中心に描いた映画が始動!”. シネマトゥデイ (2014年5月25日). 2020年7月20日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ a b キャスト”. ファントム・フィルム. 2020年7月20日閲覧。
  9. ^ テリー, アンドリュー & キース 2000, p. 202.
  10. ^ テリー, アンドリュー & キース 2000, p. 203.
  11. ^ The Rolling Stones Disaster At Altamont”. ローリング・ストーン. 2015年6月11日閲覧。
  12. ^ Rock & Roll's Worst Day”. ローリング・ストーン. 2008年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月11日閲覧。
  13. ^ Jury Finds Hells Angels Leader Guilty in Plots, Los Angeles Times, (October 29, 1988), http://articles.latimes.com/1988-10-29/news/mn-358_1_damage-buildings 
  14. ^ Barger (2001)
  15. ^ Holmstrom, Darwin (1998). The Complete Idiot's Guide to Motorcycles. Alpha 
  16. ^ Barger & Holmstrom (June 8, 2010). Let's Ride: Sonny Barger's Guide to Motorcycling. HarperCollins 
  17. ^ Tony Scott, Director of 'Top Gun,' Dies in Apparent Suicide The Wrap Movies 2012年8月20日閲覧
  18. ^ ロイター海外芸能ニュース(字幕・2012年10月24日) ロイター 2012年10月24日閲覧
  19. ^ Sonny Barger: Full Biography”. The New York Times (Movies & TV). 2012年2月15日閲覧。
  20. ^ ソニー・バージャー - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  21. ^ Independent Feature Film Dead In 5 Heartbeats by American Motorcycle Legend Sonny Barger
  22. ^ Dead in 5 Heartbeats (2013)
  23. ^ DEAD IN 5 HEARTBEATS (movie review) | Forces of Geek: the only pop culture site that matters

参考文献[編集]

外部リンク[編集]