ソクラテスの思い出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソクラテスの思い出MemorabiliaApomnemoneumataRecollectionsMemoirsなど)は、クセノポンによるソクラテスに関する根本文献で、その哲学活動のもっとも長い記述がある。

成立[編集]

師ソクラテスの弁明に対する擁護をするのではなく、その抵抗を説明しているクセノポンによるソクラテスの弁明や、プラトンによるソクラテスの弁明より以前に書かれたソクラテスに関する弁明の書である。レウクトラの戦いスパルタが敗北したことが仮定されている記述があることから、完成したのは早くとも紀元前371年であると考えられる。

内容[編集]

形式的に大きく4つの部に分けられ、最初の第一部においてソクラテスへの非難に対する直接的な弁明を行う。この節では、広く流布していたソクラテスへの形式的な非難に関する議論をするのみならず、ソクラテスへの政治的な非難に対しても弁明を行っている。そこには、クセノポンやプラトンによる『ソクラテスの弁明』においては取り上げられていない、ソクラテスがアルキビアデスクリティアスを堕落させたという非難や、若者に民主主義を軽蔑させたという非難が含まれている。

これらソクラテスに関する非難は紀元前399年のソクラテスの裁判の時のものではなく、数年後にアテネソフィストであるポリュクラテスによって書かれた『ソクラテスへの告発』における非難に応えているといわれている。しかし、ポリュクラテスの作品は失われ、復元されたとされる資料は信頼できないため、クセノポンがポリュクラテスの非難に逐一反論しているかという議論は、クセノポンによるソクラテスの取り扱いが実際のソクラテスを反映するか、あるいはその大部分がフィクションであるかを、討論する際における要素の一つである。

第2部以降では、ソクラテスが弟子や友人・ライバル・および有名なギリシャ人と行った対話を集めたものである。一つ一つのエピソードは短いが、ソクラテスの哲学の一端を垣間見ることのできるものとなっている。このときクセノポンがとった立場は、プラトンのようにソクラテスが最初の哲学者であることを示しかつ自分自身の哲学を示すことではなく、ソクラテスが良き教育者としてアテナイの人々によい影響を与えたかを示すことにある。

著作邦訳[編集]