ソウル大公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソウル大公園
서울대공원 Seoul Grand Park
Seoul Grand Park.jpg
ソウル大公園の位置(韓国内)
ソウル大公園
分類 総合公園
所在地
面積 10万坪
駐車場 有り
バリアフリー 車椅子対応トイレ、車椅子貸与
告示 1988年
テンプレートを表示
ソウル大公園
各種表記
ハングル 서울대공원
漢字 서울大公園
発音 ソウルテゴンウォン
英語案内: Seoul Grand Park
テンプレートを表示

ソウル大公園(ソウルだいこうえん)は、大韓民国京畿道果川市にある公園である。管理はソウル特別市が行っている。

概要[編集]

元々は1909年日本昌慶宮を取り壊して造った動物園と植物園である。1984年に昌慶宮の復元を行うため、動物園と植物園が始興郡果川面(現在の果川市)に移転することになった。韓国国民のための総合レジャー施設となるソウル大公園は1984年開園した(ただし植物園は1985年に開園した)。1998年の映画『美術館の隣の動物園』の舞台にもなっている。2010年3月9日には世界初となるOLEV方式の電気バス(ゾウ列車)が試験運行を開始した。[1]

交通[編集]

地下鉄
韓国鉄道公社果川線 (首都圏電鉄4号線)大公園駅 徒歩5分

園内施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「充電する道路」を利用した交通システム、試験運行開始 韓国 AFPBB News

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度25分50秒 東経127度1分2秒 / 北緯37.43056度 東経127.01722度 / 37.43056; 127.01722