ソウマヤ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ソウマヤ美術館
Museo Soumaya
Museo Soumaya Plaza.jpg
ソウマヤ美術館(Plaza Carso館)
ソウマヤ美術館の位置(シウダ・デ・メヒコ内)
ソウマヤ美術館
ソウマヤ美術館
メキシコシティにおける位置
施設情報
正式名称 Museo Soumaya
収蔵作品数 約6万6000点
来館者数 1,615,224人(2015年)[1]
延床面積 約6000平米
開館 1994年
所在地
Plaza Loreto Av.Revolucion y rio Magdalena eje 10 Sur Tizapan San Angel
位置 北緯19度26分26.9秒 西経99度12分16.5秒 / 北緯19.440806度 西経99.204583度 / 19.440806; -99.204583
公式サイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM

ソウマヤ美術館(そうまやびじゅつかん、スペイン語: Museo Soumaya)は、メキシコシティにある美術館である。

沿革[編集]

実業家のカルロス・スリム・ヘルのコレクションを所蔵する美術館。入場無料。「ソウマヤ」とはスリム氏の亡くなった妻の名前である[2]。1994年に、メキシコシティ近郊のSan Ángelに小規模な美術館が創設され、現在はPlaza Loreto館として運営されている[3]。これとは別に、2011年3月、フェルナンド・ロメロの設計で、メキシコシティ市内に大規模な新館がオープン、Plaza Carso館として運営されている[4]

コレクション[編集]

15世紀から20世紀のヨーロッパ芸術を所蔵し、エル・グレコティントレットルノワールドガゴッホミロピカソダリ等が展示されている。ロダンの彫刻のコレクションはフランス以外では最大規模である。また、ホセ・マリア・ベラスコディエゴ・リベラダビッド・アルファロ・シケイロスホセ・クレメンテ・オロスコルフィーノ・タマヨ等、メキシコの作品も展示されている。

その他、工芸品や歴史的な遺品や書類、コインのコレクションも擁している[4]

ギャラリー[編集]

15世紀から16世紀[編集]

古代メキシコから現代[編集]

印象派からアバンギャルド[編集]

参照[編集]

  1. ^ The Art Newspaper Ranking VISITOR FIGURES 2015 (PDF)”. The Art Newspaper. 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ “Carlos Slim: At home with the world's richest man”. The Telegraph. (2011年2月21日). http://www.telegraph.co.uk/finance/8335604/Carlos-Slim-At-home-with-the-worlds-richest-man.html 
  3. ^ ¿Quiénes somos?”. Museo Soumaya. 2012年1月20日閲覧。
  4. ^ a b Casey, Nicholas (2011年3月3日). “Emperor's New Museum”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703300904576178381398949942.html 2011年3月29日閲覧。 

外部リンク[編集]