ソウマヤ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ソウマヤ美術館
Museo Soumaya
Museo Soumaya Plaza.jpg
ソウマヤ美術館(Plaza Carso館)
ソウマヤ美術館の位置(シウダ・デ・メヒコ内)
ソウマヤ美術館
ソウマヤ美術館
メキシコシティにおける位置
施設情報
正式名称 Museo Soumaya
収蔵作品数 約6万6000点
来館者数 2,246,646人(2016年)[1]
延床面積 約6000平米
開館 1994年
所在地
Plaza Loreto Av.Revolucion y rio Magdalena eje 10 Sur Tizapan San Angel
位置 北緯19度26分26.9秒 西経99度12分16.5秒 / 北緯19.440806度 西経99.204583度 / 19.440806; -99.204583
公式サイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM

ソウマヤ美術館(ソウマヤびじゅつかん、スペイン語: Museo Soumaya)は、メキシコシティにある美術館である。

沿革[編集]

実業家のカルロス・スリム・ヘルのコレクションを所蔵する美術館。入場無料。「ソウマヤ」とはスリム氏の亡くなった妻の名前である[2]。1994年に、メキシコシティ近郊のSan Ángelに小規模な美術館が創設され、現在はPlaza Loreto館として運営されている[3]。これとは別に、2011年3月、フェルナンド・ロメロの設計で、メキシコシティ市内に大規模な新館がオープン、Plaza Carso館として運営されている[4]

コレクション[編集]

15世紀から20世紀のヨーロッパ芸術を所蔵し、エル・グレコティントレットルノワールドガゴッホミロピカソダリ等が展示されている。ロダンの彫刻のコレクションはフランス以外では最大規模である。また、ホセ・マリア・ベラスコディエゴ・リベラダビッド・アルファロ・シケイロスホセ・クレメンテ・オロスコルフィーノ・タマヨ等、メキシコの作品も展示されている。

その他、工芸品や歴史的な遺品や書類、コインのコレクションも擁している[4]。日本に関連する所蔵品としては、作者は確定していないが、ノアの方舟伝説を日本風の屏風絵として仕立てたた「大洪水図屏風」がある[5]

ギャラリー[編集]

15世紀から16世紀[編集]

古代メキシコから現代[編集]

印象派からアバンギャルド[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]