ゼーロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Seelow COA.svg Locator map MOL in Germany.svg
基本情報
連邦州: ブランデンブルク州
郡: メルキッシュ=オーダーラント郡
緯度経度: 北緯52度32分
東経14度22分
標高: 海抜 52 m
面積: 42.73 km²
人口:

5,451人(2016年12月31日現在) [1]

人口密度: 128人/km²
郵便番号: 15306
市外局番: 03346
ナンバープレート: MOL, FRW, SEE, SRB
自治体コード: 12 0 64 448
行政庁舎の住所: Küstriner Straße 61
15306 Seelow
ウェブサイト: www.seelow.de
首長: イェルク・シュレーダー (Jörg Schröder, 無所属)
郡内の位置
Seelow in MOL.png

ゼーロウ (Seelow) はドイツブランデンブルク州メルキッシュ=オーダーラント郡の郡庁所在都市である。人口は約5,500人である。

地理[編集]

ゼーロウはオーダーブルッフドイツ語版オーダー川沼沢地)の西端、また連邦道路1号線ドイツ語版(旧帝国道路 (Reichsstraße) 1号線:アーヘンケーニヒスベルク)沿いに位置する。ベルリンからの距離は約70km、ポーランドとの国境までは20km程である。

都市の構成[編集]

ゼーロウ市にはヴェルビヒドイツ語版地区が属している。この地区はヴェルビヒ、アルト・ラングゾウ (Alt Langsow)、ノイラングゾウ (Neulangsow) の3集落から構成されている。また住居地区としてツェルニコウドイツ語版とゼーロウアー・ローゼ (Seelower Loose) がある。

歴史[編集]

1252年に「Villa Zelou」村として当時のマクデブルク司教、ヴィルブラント・フォン・ケーフェルンブルクドイツ語版の記録に初めて登場する。レブースドイツ語版の司教座教会としてであった。

1630年、1788年、1809年に街は大火災に見舞われた。

ゼーロウ高地では第二次世界大戦末期の1945年、ソ連赤軍ドイツ国防軍の激戦が行われた(ゼーロウ高地の戦い)。両軍とも多大な損害を被ったが、この戦いの結果、ソ連赤軍はベルリンに到達し、遂に当時の帝国首都を占領するに至った。ゼーロウは戦闘で大きな被害を受け、とりわけ1945年4月17日の空襲は甚大であった。加えてその後の略奪で街は炎に包まれた。

ゼーロウは1816年以降、プロイセン王国ブランデンブルク州ドイツ語版フランクフルト県ドイツ語版レブース郡ドイツ語版に属していた。郡庁は1863年からゼーロウに置かれた。1950年にレブース郡はゼーロウ郡ドイツ語版に改名された。1952年から1993年までゼーロウはゼーロウ郡の郡庁所在都市としてフランクフルト(オーダー)県 ドイツ語版に属していた。

編入合併[編集]

2003年10月26日にヴェルビヒがゼーロウに編入された[2]

人口動態[編集]

人口
1875 3 618
1890 3 334
1910 2 961
1925 3 066
1933 3 165
1939 3 082
1946 2 757
1950 3 253
1964 4 500
1971 4 740
人口
1981 5 441
1985 5 669
1989 5 583
1990 5 487
1991 5 473
1992 5 361
1993 5 240
1994 5 168
1995 5 167
1996 5 237
人口
1997 5 248
1998 5 380
1999 5 381
2000 5 412
2001 5 371
2002 5 316
2003 5 995
2004 5 896
2005 5 776
2006 5 736
人口
2007 5 688
2008 5 599
2009 5 575
2010 5 540
2011 5 445
2012 5 464
2013 5 465
2014 5 366

領域は統計時点のもので[3][4]、2011年以降は2011年国勢調査ドイツ語版に基づいている。

詳細なデータ出典は、Wikimedia Commons[5]

宗教[編集]

福音教会[編集]

ゼーロウにはベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会オーダーブルッフ教会管区ドイツ語版教会地区長ドイツ語版が置かれている。これは1998年7月1日にゼーロウとバート・フライエンヴァルデドイツ語版教会管区ドイツ語版が統合したものである。監督官としての職務は半分ほどで、残りの半分はゼーロウ牧師管区ドイツ語版の職務に当たっている。教会管区はゼーロウ、フリーダースドルフドイツ語版、ラングゾウの教区から成り、フリーダースドルフ、ゼーロウにはそれぞれ教区会ドイツ語版が置かれ、説教所は4か所ある。予算は3教区合同である。

政治[編集]

市議会[編集]

ゼーロウの市議会は18名の市議会議員および常勤の市長で構成されている。

SPD DIE LINKE CDU FDP Offensive Dドイツ語版 FGWドイツ語版ゼーロウ WGドイツ語版 自由、労働、価値 WG ふるさと=文化=スポーツ 合計
2003 7 6 3 1 1 - - - 18
2008 5 7 2 2 1 1 - - 18
2014 5 6 2 0 1 2 2 18

(2014年5月25日選挙結果)

紋章[編集]

紋章は2002年2月12日に承認された。

紋章記述:「青地に金色の爪竿が2本斜めに交差し、その上にはミトラ (司教冠)、前には銀色の昇る半月、後ろには鋸歯状で銀色の先広十字、下には金色の星」[6]

[編集]

ゼーロウの旗は、青・銀(または白)・青の横三色旗で、比率は1対3対1である。真中の帯には街の紋章が置かれる。

姉妹都市[編集]

文化・見所[編集]

ゼーロウ教会
ゼーロウ市役所
ゼーロウ文化の家 (Kulturhaus Seelow)

ゼーロウの建築記念物一覧ドイツ語版には、ブランデンブルク州記念物一覧に登録の建築記念物が掲載されている。

博物館[編集]

ゼーロウ高地追悼施設ドイツ語版:1945年のゼーロウ高地の戦いを追悼するもの。記念碑の彫刻はレフ・ケルベルドイツ語版による。

歴史記念碑[編集]

教会[編集]

古典主義様式のゼーロウ教会は一見の価値がある。建築家カール・フリードリヒ・シンケルの手になるもので1830年から1832年にかけて建設された。1997年から1998年かけ教会塔が再建され、往時の姿を取り戻した。

スポーツ[編集]

ゼーロウの郊外にはレース場があり、FIAオートクロス・ヨーロッパ選手権のラウンドが毎年開催されている。主催者は地元モータースポーツクラブ、MCゼーロウである。

放送局近くのレーストラックに加え、ゼーロウにはサッカー場が2か所ある。1つはシュパールカッセンアレーナ(Sparkassenarena, 旧オーダーブルッフスタジアム・ゼーロウ)にある。これらの施設は地元スポーツクラブ、SVヴィクトリア・ゼーロウドイツ語版や学校スポーツが使用している。スタジアムに隣接しボウリング場がある。クラシックレーンが4本あり、ボウリングチームである1. KSC 1959 ゼーロウが使用している。

定例催事[編集]

ゼーロウには1年に3つの大催事がある。まず5月1日前夜の五月祭ドイツ語版がある。従来のSVヴィクトリア・ゼーロウ「スポーツ大会祭り (Sport- und Spielfest)」を、創設20周年を機に2011年から装いを新たにしたものである。シュパールカッセン=アレーナを会場に、4月30日の夜に伝統的な五月柱ドイツ語版を立て、たいまつ行列、ファンファーレ行列が繰り出し、バンド演奏が続く。さらに消防署対抗の夜間競走優勝杯、地元サッカークラブの親善試合が行われる。

以 前のスポーツ大会祭りは、SVヴィクトリア・ゼーロウや地元の様々な団体の支援で開催された。また長年、福引会も同時に行われ、景品は一等が乗用車と高価 なものであった。当時は午前中から始まり、数々の競技に人々が集うというスポーツを前面にした祭典であったが、現在その面影は残っていない。

9月の第一週末にはゼーロウ都市祭りが開催される。舞台の出し物や数々のビール露店、ゴーカートなどに多くの人々が集う。

第三アドヴェント(待降節)週末の昔ながらのクリスマス市では、展示会、教会のクリスマス催事の他にも、できるだけ大きく作ったクリスマス特有の焼き菓子(シュトレンドミノシュタインドイツ語版)を切り分ける出し物がある。

名物[編集]

1990年の東西ドイツ統一後もチーズ工場が残ったのは、ブランデンブルク州ではゼーロウだけであった。ブルーチーズ「ブルーマスター (Blue Master)」は1974年以来、他のチーズとともに製造されてきた。会社が倒産すると、2000年にファルケンハインドイツ語版の山羊チーズ工場、ツィンマーマン社が事業を買収した。しかし生産工程はザクセン州に移転し、ゼーロウでは熟成、包装工程だけになった。2004年初頭に「ブルーマスター」が小売チェーン数社で取扱商品から外されると、ゼーロウ工場は完全に閉鎖された。現在「ブルーマスター」はファルケンハインで生産されている。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

ゼーロウ駅はエーバースヴァルデ-フランクフルト (オーダー) 線ドイツ語版の駅である。ゼーロウ=グーゾウ駅ドイツ語版は隣接のグーゾウ=プラトコウドイツ語版にあり、路線は東部線ベルリンキュストリーン)である。

ゼーロウでは連邦道路1号線ドイツ語版167号線ドイツ語版が交差している。

公共施設[編集]

教育[編集]

人物[編集]

名誉市民[編集]

出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ブランデンブルク州の2015年12月31日時点の人口 (XLS)
  2. ^ StBA: Änderungen bei den Gemeinden Deutschlands, siehe 2003
  3. ^ Historisches Gemeindeverzeichnis des Landes Brandenburg 1875 bis 2005. Landkreis Märkisch-Oderland. S. 34-37
  4. ^ Bevölkerung im Land Brandenburg nach kreisfreien Städten, Landkreisen und Gemeinden 1991 bis 2014 Archived 2016年3月3日, at the Wayback Machine.
  5. ^ Population Projection Brandenburg at Wikimedia Commons
  6. ^ ブランデンブルク州政府のサービスポータル内の紋章情報
  7. ^ Werbiger Friedenswald wird 20 Märkische Oderzeitung, 26. Januar 2011, abgerufen am 21. Juni 2013.
  8. ^ Verlegung der Stolpersteine sind abgeschlossen