ゼンジー中村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゼンジー中村(ゼンジー なかむら、本名、中村則文、1929年1978年7月21日)は、和歌山県出身の手品師である。和歌山大学卒業。

ゼンジー北京の師匠として知られる。

石田天海、2代目松旭斎天勝の両師匠に師事。1961年に神戸松竹座で初舞台。その後松竹座、角座など松竹系の劇場で活躍。のちに弟子等を従えて「魔法のグループ」を結成。肺結核で死去。

芸は弟子の北京とは違いしゃべくりのない大ネタを得意とした。

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(1980年、少年社)