ゼメリング鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 ゼメリング鉄道
オーストリア
2016年頃のゼメリング鉄道
2016年頃のゼメリング鉄道
英名 Semmering Railway
仏名 Ligne de chemin de fer de Semmering
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 1998年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ゼメリング鉄道(ゼメリングてつどう、Semmering Railway)は、オーストリアの首都・ウィーンの南西にあるゼメリング峠を通る、ヨーロッパで最初に国際標準軌間を採用した山岳鉄道鉄道全体が世界遺産に登録されている。

概要[編集]

グロッグニッツ駅から途中ゼメリング駅を経由し、ミュルツツーシュラーク駅に至る[1]。他山岳鉄道同様、走行時の地勢の険しさや高低差も特筆に値する。ヨーロッパで最初に国際標準軌間を採用した山岳鉄道であり、鉄道自体も今なお稼働している。走行距離は全長41.825キロ、高低差は460メートルになる。建設期間は1848年から1854年までの6年間である[2]

ゼメリング鉄道の設計者カール・リッター・フォン・ゲーガ (Carl Ritter von Ghega) は機関車の構造に最新の技術を用いることで、急勾配やカーブを克服した。軌道上には、14のトンネル、16の高架橋、100を超える石橋に11の鉄橋がある。また、土木工事(トンネル掘削・橋梁架構など)に際しては、自然との調和が重要な課題とされており、このことが世界遺産認定について大きく評価された。

ゼメリング鉄道を含む路線は、首都・ウィーンと、オーストリア南部の都市(グラーツクラーゲンフルトフィラッハ)・国外の都市(イタリアヴェネツィアスロベニアの首都・リュブリャナクロアチアの首都・ザグレブ)とを結ぶ、オーストリア連邦鉄道 (ÖBB) の重要幹線の一つである。このためゼメリング鉄道は、開業時とは異なり電化こそされているものの、開業から150年以上が経過し、世界遺産に登録された現在でも現役であり、上記の都市を結ぶ特急列車が1時間間隔で通過するほか、イタリアの首都・ローマとを結ぶ夜行列車や、多数の貨物列車も通過する。

1116形機関車によるÖBB-Railjetが走る


登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界で一番美しい山岳鉄道』 エクスナレッジ2015年、51頁。ISBN 978-4-7678-2045-3
  2. ^ 建設コンサルタンツ協会『Consultant』編集部 『土木遺産 世紀を越えて生きる叡智の結晶 ヨーロッパ編』 ダイヤモンド社2005年、133頁。ISBN 978-4-478-89018-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]