ゼバスティアン・ミュンスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼバスティアン・ミュンスターの肖像画。クリストフ・アンベルガー英語版作、1552年頃。

ゼバスティアン・ミュンスタードイツ語: Sebastian Münster1488年1月20日 - 1552年5月26日[1])は、神聖ローマ帝国地図学者宇宙誌制作者、キリスト教ヘブライ学者英語版。1544年の作品『コスモグラフィア英語版』はドイツ語による世界の記述としては最初である。

生涯[編集]

アンドレアス・ミュンスター(Andreas Münster)の息子として、マインツ近くのインゲルハイムで生まれた。両親などの先祖は農民だった[1][2]。1505年、フランシスコ会に入った。その4年後、修道院に入り、コンラート・ペリカン英語版の学生として5年間過ごした[1]。1518年、テュービンゲン大学で学業を終えた。卒業論文の指導教員はヨハンネス・シュテッフラー英語版だった[3]

1529年、カルヴァン派の支配するバーゼル大学での辞令を受けるために、フランシスコ会から離れてルター教会に入った[2][4]。彼は長らくルター教会に興味を持っており、ドイツ農民戦争のときは修道士としてたびたび攻撃された[2]ヘブライ語の教授でエリア・レヴィタ英語版の門弟の1人でもあり、ヘブライ語聖書(2巻、バーゼル、1534年 - 1535年)、並びにそのラテン語訳と多くの注釈を編集した。ヘブライ語聖書を出版した初のドイツ人である[5]

ヘブライ語の文法書を数冊出版したほか、Grammatica Chaldaica(バーゼル、1527年)をはじめて記述した。ほかにもDictionarium Chaldaicum(1527年)、Dictionarium trilingue(ラテン語、ギリシャ語、ヘブライ語の「三語辞書」、1530年)を著述した[5]

1536年、Mappa Europae(「ヨーロッパの地図」)を出版した。1537年、改宗させたスペインのユダヤ人から取得したマタイによる福音書のヘブライ語版英語版を出版した。1540年、クラウディオス・プトレマイオスの『ゲオグラフィア英語版』のラテン語版をイラスト付きで出版した。1550年版では都市、肖像画、衣装の画像も含まれた。これらはドイツで出版された。ほかにもHorologiographia日時計制作に関する論文、バーゼル、1531年)、Organum Uranicum惑星の動きに関する論文、1536年)を著述した[4]

1544年の作品『コスモグラフィア英語版』はドイツ語による世界の記述としては最初である。ほかにもラテン語、フランス語イタリア語英語チェコ語で出版された。 コスモグラフィアは16世紀で最も成功した、最も人気な作品の1つであり、100年の間に24版が出版された[6]。この成功はハンス・ホルバインウルス・グラフ英語版ハンス・ルドルフ・マヌエル・ドイッチュ英語版ダヴィッド・カンデル英語版らによる素晴らしい木版画、そしてはじめて「当時知られた四大洲、すなわちアメリカ、アフリカ、アジア、ヨーロッパを別々に分けた地図」を導入したことによる[7]。16世紀のヨーロッパで地理学を再生する著作となり、最後のドイツ語版は死去から数十年後の1628年に出版された。

ヘブライ語聖書(Hebraica Biblia)の翻訳者としても知られており、彼は1546年にバーゼルでその翻訳を2巻にわけて出版した。 うち第1巻創世記から列王記下までを含み、ヘブライ語聖書における並び順に従った。第2巻は大預言書と小預言書詩篇ヨブ記箴言ダニエル書歴代誌5つの巻物英語版雅歌ルツ記哀歌コヘレトの言葉エステル記)を含む。

1551年、バーゼルでRudimenta Mathematicaを出版した[4]

1552年、バーゼルペストにより死去。彼の墓石では彼がドイツ人のエズラストラボンと形容された[5]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Miles Baynton-Williams. “MapForum Issue 10”. Mapforum.com. 2012年6月5日閲覧。
  2. ^ a b c Balz, Horst Robert; Krause, Gerhard; Müller, Gerhard (1994). “Münster, Sebastian (1488–1552)”. Theologische Realenzyklopädie. 23. Walter de Gruyter. p. 407. ISBN 3-11-013852-2. https://books.google.com/books?id=jwd_lhDN9b4C&pg=PA407&ots=f_S3qwiWi_&dq=sebastian+m%C3%BCnster+%22s+408%22&hl=de&sig=Fn6p7lHf5EldNKnScsHrZycwxBg&redir_esc=y#v=onepage&q=sebastian%20m%C3%BCnster%20%22s%20408%22&f=false. 
  3. ^ Mathematics Genealogy Project”. Genealogy.math.ndsu.nodak.edu. 2012年6月5日閲覧。
  4. ^ a b c Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Münster, Sebastian". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press. 
  5. ^ a b c Wikisource-logo.svg Baynes, T.S.; Smith, W.R., eds. (1884). "Münster, Sebastian". Encyclopaedia Britannica. 17 (9th ed.). 
  6. ^ Wikisource-logo.svg Gilman, D. C.; Thurston, H. T.; Colby, F. M., eds. (1905). "Münster, Sebastian". New International Encyclopedia (1st ed.). New York: Dodd, Mead. 
  7. ^ National Library Board of Singapore. Visualising Space: Maps of Singapore and the Region. Collections from the National Library and National Archives of Singapore, 2014, p. 42.

参考文献[編集]

  • Karl Heinz Burmeister: Sebastian Münster – Versuch eines biographischen Gesamtbildes. Basler Beiträge zur Geschichtswissenschaft, Band 91, Basel und Stuttgart 1963 und 1969.
  • Karl Heinz Burmeister: Sebastian Münster – Eine Bibliographie. Wiesbaden 1964.
  • Ralf Kern: Wissenschaftliche Instrumente in ihrer Zeit. Vol. 1. Cologne, 2010. pp. 307–311.
  • Hans Georg Wehrens: Freiburg in der „Cosmographia“ von Sebastian Münster (1549); in Freiburg im Breisgau 1504 m–1803, Holzschnitte und Kupferstiche. Verlag Herder, Freiburg 2004, S. 34 ff. ISBN 3-451-20633-1.
  • Günther Wessel: Von einem, der daheim blieb, die Welt zu entdecken - Die Cosmographia des Sebastian Münster oder Wie man sich vor 500 Jahren die Welt vorstellte. Campus Verlag, Frankfurt 2004, ISBN 3-593-37198-7.
  • Ludwig Geiger (1886), “Münster, Sebastian” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 23, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 30–33, http://daten.digitale-sammlungen.de/bsb00008381/images/index.html?seite=32 
  • Claus Priesner: Münster, Sebastian. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 18, Duncker & Humblot, Berlin 1997, ISBN 3-428-00199-0, S. 539–541 (電子テキスト版).

外部リンク[編集]