ゼノ・ゼブロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゼノ・ゼブロフスキーZenon Żebrowski1891年 - 1982年4月24日)は、ポーランド出身のカトリックの修道士。「蟻の街の神父」として知られ[1]、戦後、戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に力を入れた。日本人のイメージから「ゼノ神父」と呼ばれることがあるが [2]司祭(神父)ではなくコンベンツァル聖フランシスコ修道会修道士である[3]

生涯[編集]

ゼノ修道士墓所(カトリック府中墓地)

1891年、ポーランドのマゾフシェ県オストロウェンカ郡スロバ村ポーランド語版でヨゼフ・ゼブロフスキーとアンナ・コゾンの5人の子供の四男として生まれる。その後、第一次世界大戦のおりに軍隊に志願する。除隊後、職を転々としていたが、 1924年11月13日、聖スタニスラス・コストカポーランド語版[4] の祝日のミサでの説教に影響を受け、1925年5月10日にコンベンツァル聖フランシスコ修道会に入会する。1928年12月15日に修道誓願を立てる。1930年4月24日マキシミリアノ・コルベ神父やヒラリウス修道士たちと共に来日[5]

来日後は長崎でコルベ神父らとともに、布教誌「聖母の騎士」の出版と普及に力を入れた。ゼノ修道士は全国各地に赴いた。1936年にポーランド管区本部の命令でコルベ神父が帰国した後も、日本で活動を続けていたが、1945年8月9日長崎市への原子爆弾投下で被災(被爆)する[6]。戦後は戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に尽くし[7]、東京・浅草のバタヤ街[8]など全国各地で支援活動[9]を行う。口癖は「ゼノ死ヌヒマナイネ」。愛嬌のある白ひげ顔とユーモラスな人柄で、宗派を問わず多くの人に親しまれた[5]

献身的な社会福祉活動に、1969年勲四等瑞宝章1979年吉川英治文化賞が贈られた。またポーランドからは1976年ポーランド人民功労勲章ポーランド語版(現ポーランド共和国功労勲章)第4等が授与された。1981年2月に来日した教皇ヨハネ・パウロ2世は、ゼノ修道士の入院先を訪問。ポーランド出身の教皇はポーランド語で語りかけ、長年の活動に敬意を表した[10]1982年4月24日、東京で死去[5][11]

1957年から1961年までポーランド人民共和国駐日大使を務めたタデウシュ・ゼブロフスキーはゼノ修道士の兄弟[12]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 桑原一利『天使のゼノさん -日本二十六聖人の祈り-』聖母の騎士社、第2刷、2002年10月20日。319頁。ISBN 4-88216-230-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]