ゼノ・ゼブロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゼノ・ゼブロフスキー(ゼノン・ジェブロフスキ、Zenon Żebrowski1891年 - 1982年4月24日)は、ポーランド出身のカトリック教会の修道士。「アリの町の神父」として知られた。長崎市への原子爆弾投下で自らも被災(被爆)したが、戦後、戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に力を入れた。日本人のイメージから「ゼノ神父」と呼ばれることがあるが、司祭(神父)ではなくコンベンツァル聖フランシスコ修道会修道士である。

生涯[編集]

ゼノ修道士墓所(カトリック府中墓地)

1890年ドイツ国境付近の村でシュラフタ(ポーランド貴族)の父ヨーゼフ、母アンナとの間に四男として生まれた。その後、第一次世界大戦のおりに軍隊に志願する。除隊後、職を転々としていたが、気まぐれで聞いた教会での説教に影響を受け、コンベンツァル聖フランシスコ修道会に入会。29歳の時だった。1930年4月24日、そこで出会ったマキシミリアノ・コルベ神父やヒラリウス修道士と共に宣教のために来日した。

来日後は長崎でコルベ神父らとともに、布教誌「無原罪の聖母の騎士」の出版と普及に力を入れた。ゼノ修道士は全国各地に赴き、その教えを全国に広めた。コルベ神父が離日した後も、日本に残り活動を続けたが、1945年8月9日長崎市で被爆した。戦後は戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に尽くし、東京・浅草のバタヤ街など全国各地で「蟻の街」支援活動を始めた。口癖は「ゼノ死ヌヒマナイネ」。愛嬌のある白ひげ顔とユーモラスな人柄で、宗派を問わず多くの人に親しまれた。

献身的な社会福祉活動に、1969年勲四等瑞宝章1979年吉川英治文化賞が贈られた。またポーランドからは1976年ポーランド人民功労勲章(現在のポーランド共和国功労勲章)第4等が授与された。1981年2月来日した教皇ヨハネ・パウロ2世は、ゼノ修道士の入院先を訪問し、長年の活動に敬意を表した(このとき自らもポーランド出身である教皇は、ゼノにポーランド語で話しかけている)。1982年4月24日、永眠。

1957年から1961年までポーランド人民共和国駐日大使を務めたタデウシュ・ゼブロフスキはゼノの弟。

参考文献[編集]

  • 桑原一利著『天使のゼノさん : 日本二十六聖人の祈り』聖母の騎士社 2002年 ISBN 9784882162308
  • 松居桃楼著『ゼノ死ぬひまない : <アリの町の神父>人生遍歴』春秋社 1998年 ISBN 4393495160
  • 石飛仁著『風の使者ゼノ』自然食通信社 1998年 ISBN 4916110544
  • 枝見静樹編著『かぎりない愛・ゼノの生涯』清水弘文堂 1985年 ISBN 9784879509017
  • 「ゼノ修道士を語る 人間是みな同じ」DVD 映像情報センター

関連項目[編集]

外部リンク[編集]