ゼイナ・シャバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゼイナ・シャバン(Zeina Shabanアラビア語: زينة شعبان‎、1988年5月12日 – )は、ヨルダンアンマン出身の女子卓球選手[1]2009年1月の時点での世界ランクは283位で、自己最高ランクは2005年3月の269位

5歳のころより体操を始めたが、7歳の時に父とした卓球をきっかけに卓球の魅力に取りつかれ、1996年アトランタオリンピックで卓球中国代表鄧亞萍と出会い、本格的な卓球選手としての活動を開始した[2]2003年には若くしてヨルダンの最優秀スポーツ選手に選ばれ、2004年にはアテネオリンピックにも出場し、女子シングルスで1回戦でホンジュラスイザワ・メディナに4-3で勝利したが、2回戦でルーマニアアドリアナ・ザムフィルに4-1で敗れた。2008年にも北京オリンピックに出場し、開会式ではヨルダン選手団の旗手を務めて、その美貌からネット上などで話題になった[2]競技では女子シングルスに出場し、1回戦でチェコダナ・ハダコワに4-0で敗れている。

シャバンはロンドン大学ロイヤル・ホロウェイで経済学を専攻し、経営学の卒業生でもある[3]。2011年7月22日、ラシッド・ビン・ハッサン王子(ヨルダン国王フセイン1世の甥。現国王アブドゥッラー2世のいとこ)と結婚[4]。2子をもうけている[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]