ゼアラレノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゼアラレノン(Zearalenone)とは、マイコトキシンカビが産生する毒素)の1種であり、(3S,11E)-3,4,5,6,9,10-ヘキサヒドロ-14,16-ジヒドロキシ-3-メチル-1H-2-ベンゾオキサシクロテトラデシン-1,7(8H)-ジオンのことである。CAS登録番号は、17924-92-4。幾つかの別称が存在し、例えばマイコトキシンF2などと呼ばれる場合もある。

解説[編集]

ゼアラレノンの構造。トリコテセン骨格を持っていないことが見て取れる。

ゼアラレノンは、炭素と酸素と水素のみでできている化合物であり、分子式はC18H22O5分子量は318.36428である [1] 。 ゼアラレノンには、例えばマイコトキシンF2など、様々な別称が存在する [2] [注釈 1] 。 主に、Fusarium graminearumFusarium culmorumなどのフザリウム属に属するカビが産生する毒素として知られている [3] 。 フザリウム属のカビが産生する毒素であるため、特に穀物牧草が、ゼアラレノンに汚染される対象となりやすい [3] 。 ところで、フザリウム属に属するカビは、様々な毒素を産生することが知られており、例えば、Fusarium asiaticumならばデオキシニバレノールを産生する。ゼアラレノンを産生するフザリウム属のカビが生育しているということは、他のフザリウム属のカビも生育している可能性が充分に考えられる。そして事実、しばしばゼアラレノンに汚染された穀物や牧草は、デオキシニバレノールなど他のフザリウム属のカビが産生する毒素にも同時に汚染されている例も観察されている [3] 。 ちなみに、フザリウム属のカビが産生する毒素には、しばしばトリコテセン骨格を持つことが知られているものの、このゼアラレノンはトリコテセン骨格を持っていない。

毒性と規制値[編集]

ゼアラレノンの急性毒性は低いとされている [3] 。 しかし、エストロゲン様作用も示すことが知られており、特にゼアラレノンに対して感受性の強いブタでは不妊流産などの症状が起こり、他にウシヒツジでも繁殖に障害が出たとの報告も見られる [3] 。 このため、2002年現在、EU諸国やカナダや日本などでは、家畜用の飼料に対して、ゼアラレノン含有濃度に規制値を設けている [3] [注釈 2] 。 また、同じく2002年現在、EU諸国などでは、ヒト用の食品に対しても、ゼアラレノン含有濃度に規制値を設けている [3] [注釈 3]

防御法[編集]

ゼアラレノンは、熱に対して安定性が高い、つまり、耐熱性であることなどの性質を持つため、一旦、カビによって作られてしまうと、これを後から除去することは困難であるとされている [3] 。 つまり、一旦、ゼアラレノンに汚染されてしまった穀物や牧草は、もはや使い物にならず、もしそれを飼料などとして使えば、前述のようにブタが流産するなど、畜産業に打撃を与え得る。したがって、フザリウム属のカビを繁殖させない(ゼアラレノンを産生させない)ための対策を、生産や流通の段階で取る必要がある。

注釈[編集]

  1. ^ 本稿ではゼアラレノンの全ての別称を挙げることはしない。詳しくは日本化学物質辞書などを参照のこと。
  2. ^ なお、家畜用の飼料に対する規制値は地域によって、まちまちである。
  3. ^ なお、ヒト用の食品に対する規制値も地域によって、まちまちである。しかし、中には日本のようにゼアラレノンがいくら食品に含まれていようとも特に問題にしておらず、規制をかけていない地域もある。

出典[編集]

  1. ^ Zearalenone
  2. ^ 日本化学物質辞書Web
  3. ^ a b c d e f g h ゼアラレノン (ZEN)、Zearalenone

主な参考文献[編集]