ヤーセン型原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
885 「ヤーセン」型原子力潜水艦
885型原子力潜水艦(想像図)
艦級概観
艦種 原子力攻撃型潜水艦
計画番号 885計画
艦名 都市名
同型艦 7隻
前級 オスカー型原子力潜水艦
アクラ型原子力潜水艦
次級 ハスキー級
性能諸元
排水量 9,500 t(水上)
13,800 t(水中)
全長 119 m
全幅 13.5 m
吃水 9.4 m
予備浮力
機関 KPM 加圧水型原子炉(PWR)(出力195MW)1基
GT3A蒸気タービン(出力43,000hp(31.6MW))2基
DG-300型ディーゼル発電機(各出力2,000kW)2基(5,400馬力)
引き込み式補助推進モーター 2基(各出力560馬力)
ポンプジェット方式7翼スキュードプロペラ 1軸推進
電池
最大速力[1] 20ノット(水上、17ノット説も有[2]
28ノット(水中)
35ノット以上(水中限界)
潜航深度 600m
航続力
乗員 80-85(うち士官30名)
探索装置 MGK-700「アヤクス」水中聴音器
艦首アクティブ/パッシブ両用大型球状ソーナー
船体側面パッシブ・ソーナー・アレイ
曳航式パッシブ・ソーナー・アレイ
「ツカン」航跡自動追尾システム
武装 533mm魚雷発射管×8門(艦首)
魚雷/対潜ミサイル×30本または機雷60個
オーニクス対艦ミサイル3連装垂直発射機- 8基(24発)
セヴェロドヴィンスクの進水式

ヤーセン型原子力潜水艦(-がたげんしりょくせんすいかん Yasen class submarine)は、ロシア海軍が運用していた巡航ミサイル潜水艦ПЛАРКПодводная Лодка Атомная с Ракетами Крылатыми)の艦級に対して付与されたNATOコードネームである。

ヤーセン型はロシア海軍の計画名(885号計画「ヤーセン」型潜水艦(Подводные лодки проекта 885 "Ясень")に由来する。ネームシップの名をとって「セヴェロドヴィンスク級」とも呼ばれる。NATOコードネームグラニー(Graney)型

名称[編集]

計画名である"Ясень"とはロシア語トネリコを意味する。

ネームシップのセヴェロドヴィンスクとは、北海に面した港都アルハンゲリスクの外港の地名である。バルト海側のペテルブルクよりも古くからの重要な海軍工廠であり、ロシア海軍の祖でもあるピョートル大帝(ピョートル1世)によって造船所が築かれた場所で、ソ連時代からは原潜建造の中心地である。

開発[編集]

ソ連海軍でオスカー型原子力潜水艦アクラ型原子力潜水艦の後継となる「第4世代原子力潜水艦」の構想が、最初に出てきたのは1977年の事である。1985年、正式に計画がスタートした。設計はマラヒト海洋工学設計局が担当した。

設計[編集]

従来、ソ連の攻撃原子力潜水艦は、対艦巡航ミサイル原子力潜水艦と攻撃型原子力潜水艦の二本立てで整備されていた。本級は、攻撃型潜水艦に巡航ミサイルを搭載することで、両者を統合した級となる。艦体はアクラ型原子力潜水艦の派生[2]だが、巡航ミサイルの搭載で若干増加している。

武装の目玉である3S-14V(3R-14V)対艦巡航ミサイル垂直発射筒(VLS)は、居住区画と原子炉区画の間に8基並べられ、最大24発のオーニクス対艦ミサイルが搭載される。魚雷発射管は533mm発射管を8門搭載しており、従来のソ連海軍の攻撃型原潜に搭載されていた650mm発射管は搭載されない。対潜ミサイルとして、新開発の91RE1が搭載される。

主機関の原子炉は、新開発の「KPM」と呼ばれるタイプとなる。冷却系は大幅に改良され、炉心と燃料棒の寿命は約30年にまで延長された。これにより、艦の寿命と原子炉の寿命は等しくなった。ソ連原潜伝統の、乗員全員を収容できるレスキュー・チャンバーもセイル内に搭載する。静音性はまだシーウルフ級に及ばない。

建造[編集]

第4世代多用途攻撃原潜である885型は、ソ連崩壊後の1993年に1番艦「セヴェロドヴィンスク」の建造が開始された。しかし、1990年代のロシア経済の不振は著しく、既存の艦艇すら除籍されるほどの予算不足の影響で工事は停滞。そのため15年以上も建造状態であったが、2000年代後半のロシア経済の好調により、ようやく竣工の目途が立ちはじめた。

2007年7月、ロシア国防省の海上兵器・軍事機材発注・納入局長アナトーリー・シュレモフ中将は、「セヴェロドヴィンスク」が2009年中に海軍に引き渡されると語った。しかし、2009年3月19日、ロシア連邦海軍総参謀長代理オレグ・ブルツェフ中将は、記者会見において「セヴェロドヴィンスク」は2011年に受領される計画であると語った。2010年6月15日、ドミトリー・メドベージェフ大統領臨席の元、「セヴェロドヴィンスク」の進水式が行なわれた。翌2011年から海上公試が始まり、年内の竣工が予定されている[3]

2009年7月24日に2番艦「カザン」の起工式が行なわれた。「カザン」は885型の改良型である改885「ヤーセンM」型となる。「カザン」の進水は2013年、竣工は2014年を予定している[3]

2009年3月27日、ロシア国防省関係者はイタルタス通信に対し、「セヴェロドヴィンスク級原潜は、2017年までに最低でも6隻が建造される計画である。」と語った。2011年には、ロシア海軍が2020年までに本級を10隻を就役させる予定であることが報じられた[3]が次世代潜水艦ハスキー級の計画が開始されたため2017年7月より進水される「ウリャノスク」でもって調達終了となる。

同型艦[編集]

艦番号 名称 造船所 起工 進水 就役
885型「ヤーセン」
K-560 Северодвинск
セヴェロドヴィンスク
北方機械建造会社
(元402 セヴマシ)
1993年
12月28日[4]
2010年
6月15日[5]
2014年
6月17日[6]
改885型「ヤーセンM」
K-561 Казань
カザン
北方機械建造会社 2009年
7月24日[7][8]
2017年
3月31日
K-573 Новосибирск
ノボシビルスク
2013年
7月26日[9]
2016年?[10]
K-571 Красноярск
クラスノヤルスク
2014年
7月27日[11]
2017年?[12]
K-564 Архангельск
アルハンゲリスク
2015年
3月19日[13]
未知 Пермь
ペルミ
2016年
7月29日
未知 Ульяновск
ウリヤノフスク
2017年
7月28日[14]

登場作品[編集]

大戦略シリーズ
ロシアの基本ユニットとして"セヴェロドヴィンスク"の名称で登場。性能は885型に準拠する。

参考資料[編集]