セヴェリーノ・ガッゼローニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セヴェリーノ・ガッゼローニSeverino Gazzelloni, 1919年1月5日 - 1992年11月21日)は、イタリアフルート奏者。日本語ではガッツェローニとも。

ロッカセッカ出身で、カッシーノに没した。サンタ・チェチーリア音楽院に学ぶ。RAI管弦楽団の首席フルート奏者を30年にわたって続け、ソリストとして現代音楽作曲家から多くの作品を献呈された。ストラヴィンスキーピエール・ブーレーズルチアーノ・ベリオらから献呈された作品を初演しただけでなく、ヴァレーズの《密度21.5》を普及させ、福島和夫に新作を依嘱し、その《瞑》を初演したなどの功績もある。シエナのキージ音楽アカデミーやダルムシュタット夏季現代音楽講習会での活躍により、フルート教師としても著名である。ジャズ奏者のエリック・ドルフィーは門下の一人である。