セント・ポール教区 (ドミニカ国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セント・ポール教区

Saint Paul Parish
マオー(2005年撮影)
マオー(2005年撮影)
Saint Paul in Dominica.svg
北緯15度22分0秒 西経61度21分0秒 / 北緯15.36667度 西経61.35000度 / 15.36667; -61.35000
ドミニカ国の旗 ドミニカ国
Named forパウロ
面積
 • 合計 65.2 km2
面積順位 5位
人口
(2011年国勢調査)
 • 合計 9,531人
 • 順位 2位
 • 密度 150人/km2
等時帯 UTC-4 (大西洋標準時)
 • 夏時間 なし
ISO 3166コード DM-10

セント・ポール教区英語: Saint Paul Parish)は、ドミニカ国行政教区[1]。島の中西部に位置し、北から時計回りにセント・ジョゼフ教区セント・デイヴィッド教区セント・ジョージ教区と接する。面積は65.2平方キロメートル[2]、人口は9,531人(2011年国勢調査[3])。首都ロゾー(セント・ジョージ教区)と隣接しており、人口は国内で2番目に多い。

2011年国勢調査によると人口が千人以上の区域は4か所あり、北から順にトロー=ジミット=ワーナー区域、マオー=ベルファスト区域、マサカー=チェックホール区域、ケインフィールド=モルヌ・ダニエル区域と並ぶ[4]。いずれもカリブ海に面した集落である。またドミニカ国の行政教区では珍しく島の中央部まで道路が通じており、ポン・カスといった集落や島の東海岸へ向かう道路が存在する。中部にある集落の「マサカー」は英語で虐殺を表す単語で、1674年にイギリス人が先住民族のカリブ族を虐殺した事件に由来している。

ロゾーの最寄りの空港であるケインフィールド空港英語版がケインフィールドに所在する。

主要都市[編集]

行政中心地は存在しない[5]

脚注[編集]

  1. ^ Dominica#Government”. 中央情報局 (2021年9月1日). 2021年9月14日閲覧。
  2. ^ Dominica”. GeoHive.com. 2017年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月14日閲覧。
  3. ^ Population By Sex and Parish 2001 and 2011”. ドミニカ国中央統計局. 2021年9月14日閲覧。
  4. ^ 2011 Population and Housing Census (Preliminary Results、速報結果) (pdf)”. ドミニカ国中央統計局. p. 16 (2011年9月). 2021年9月14日閲覧。
  5. ^ Parishes of Dominica”. Statoids.com (2015年9月18日). 2021年9月14日閲覧。