セント・ジョージ教区 (グレナダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セント・ジョージ教区

Saint George Parish
アナンデイル滝
アナンデイル滝
Saint George in Grenada.svg
北緯12度3分0秒 西経61度45分0秒 / 北緯12.05000度 西経61.75000度 / 12.05000; -61.75000
グレナダの旗 グレナダ
設置 1649年
Named for 聖ゲオルギオス
首府 セントジョージズ
面積
 • 合計 65 km2
面積順位 2位
人口
(2011年国勢調査)
 • 合計 38,249人
 • 推計
(2019年)
39,894人
 • 順位 1位
 • 密度 590人/km2
等時帯 UTC-4 (大西洋標準時)
 • 夏時間 なし
ISO 3166コード GD-03

セント・ジョージ教区(セント・ジョージきょうく、Saint George Parish)は、グレナダ行政教区[1]。グレナダ島の南西部を管轄し、中心地は同国の首都でもあるセントジョージズ[2]。面積は65平方キロメートルで、セント・アンドリュー教区に次いで大きい。また国内最西端のサリンス岬(北緯12度0分9秒 西経61度48分8秒 / 北緯12.00250度 西経61.80222度 / 12.00250; -61.80222)、最南端のグローヴァー島英語版北緯11度59分12秒 西経61度47分13秒 / 北緯11.98667度 西経61.78694度 / 11.98667; -61.78694)を管轄している。人口は約4万人(2019年推計[3])で、国内の行政教区では最も多く、国民の3分の1が同教区に居住している。

1649年にフランスがバセテール(Basse Terre、低地の意) 教区として設置、イギリス領となったあとの1763年にセント・ジョージへと改称した。1770年、による食害が発生し砂糖のプランテーションが壊滅的被害を受けた。食害は隣のセント・ジョン教区まで広がり、島の砂糖産業は破壊された[4]。独立後の1976年にトゥルー・ブルーでセントジョージズ大学英語版が開校した。

豊かな自然環境を利用した観光業が盛んで、教区南部の沿岸部にはグラン・アンスビーチ(Grand Anse Beach)といった砂浜(ビーチ)が、北部にはアナンデイル滝ドイツ語版(Annandale Falls)といった熱帯雨林を楽しむことができる。首都セントジョージズはカリブ海で最も美しい首都と呼ばれ、特徴的な街並みが人気である。島の玄関口としての側面もあり、属領のカリアク島・プティトマルティニーク島および国外を結ぶフェリーの発着港、国内唯一の空港であるポイント・サリンス国際空港が所在している。その一方で度々ハリケーンの被害を受けており、1955年9月のハリケーン・ジャネット英語版、2004年9月のハリケーン・アイバンでは多くの建物が破壊され、数十人の死者を出している[4]

主要都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Grenada#Government”. 中央情報局 (2021年8月24日). 2021年8月31日閲覧。
  2. ^ Parishes of Grenada”. Statoids.com (2015年6月30日). 2021年8月31日閲覧。
  3. ^ Grenada”. Citypopulation.de (2021年8月29日). 2021年8月31日閲覧。
  4. ^ a b ST GEORGE”. グレナダ政府ポータルサイト. 2021年8月30日閲覧。