セント・アンドリュー教区 (グレナダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セント・アンドリュー教区

Saint Andrew Parish
Saint Andrew in Grenada.svg
北緯12度7分9秒 西経61度37分35秒 / 北緯12.11917度 西経61.62639度 / 12.11917; -61.62639
グレナダの旗 グレナダ
設置 1650年代
名の由来 聖アンデレ
首府 グレンヴィル
面積
 • 合計 99km2
面積順位 1位
人口
(2011年国勢調査)
 • 合計 26,501人
 • 推計
(2019年)
28,201人
 • 順位 2位
等時帯 UTC-4 (大西洋標準時)
 • 夏時間 なし
ISO 3166コード GD-01

セント・アンドリュー教区Saint Andrew Parish)は、グレナダ行政教区[1]。グレナダ島東部の広い範囲を管轄し、島では唯一すべての教区と接している。首府は第二の都市グレンヴィル[2]。面積は99平方キロメートルで国内では最も大きい。人口は2.8万人(2019年推計[3])。

フランス領時代の1650年代にグラン・マルキ教区(Grand Marquis)として設置された。後にイギリス領となり、1795年から1796年までのフェドン反乱英語版ではマーキー英語版(フランス語読みはマルキ)が首府であった。1796年にセント・アンドリューへ改称した。現在では200エーカーのカカオ農場と自家農園で有機カカオ豆が栽培されている[4]

主要都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Grenada#Government”. 中央情報局 (2021年8月24日). 2021年8月30日閲覧。
  2. ^ Parishes of Grenada”. Statoids.com (2015年6月30日). 2021年8月30日閲覧。
  3. ^ Grenada”. Citypopulation.de (2021年8月29日). 2021年8月30日閲覧。
  4. ^ ST ANDREW”. グレナダ政府ポータルサイト. 2021年8月30日閲覧。