セントローレンス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セントローレンス島
現地名:
Sivuqaq
Txu-pclmaps-topo-us-saint lawrence-1970.jpg
セントローレンス島拡大図
セントローレンス島の位置(アラスカ州内)
セントローレンス島
地理
場所 ベーリング海
座標 北緯63度24分54.19秒 西経170度23分57.56秒 / 北緯63.4150528度 西経170.3993222度 / 63.4150528; -170.3993222
面積 4,640.1 km2 (1,791.6 sq mi)
最高標高 2,070 ft (631 m)
最高峰 Atuk Mountain
行政
人口統計
人口 1292人(2000年)
テンプレートを表示
NASAランドサットが撮影したセントローレンス島。

セントローレンス島 (英語:St. Lawrence Island, シベリア・ユピック語:Sivuqaq)は、ベーリング海北部、アラスカ本土の西、ベーリング海峡の南に位置する島である。島北西の岬にある集落ガンベルから58㎞先には、ロシア連邦本土東端のチュクチ半島がある。この島はアメリカ合衆国アラスカ州に属するが、アラスカ本土よりもロシアのシベリアがより近い。

過去ユーラシア大陸とアメリカ大陸を陸で繋いでいたベーリング陸橋の最後の露出部と考えられている[1]

ハワイ島コディアック島プエルトリコプリンスオブウェールズ島チチャゴフ島に次ぐ、アメリカ合衆国で6番目(属領を除けば5番目)に広い島である。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局による2000年の国勢調査によると、4640.1㎢の島に1292人の人が居住している。島の長さはおよそ140㎞、幅は13~36㎞程である[2]

この島に樹木は無く、木本類の植物は北極ヤナギ英語版しかなく、樹高は30㎝に満たない。

島には海鳥海獣が多く生息している。これは冷涼で、海洋深層から大陸棚外縁に湧出する富栄養水を含むアナドゥイリ海流の影響が大きい。 北や東からの卓越風が流氷を海岸から引き離すことで、島の南岸にはポリニヤが持続的に存在している[3]

セントローレンス島、ガンベルの気候:
  1月 4月 7月 10月
一日の最高気温 12 °F (−11 °C) 20 °F (−7 °C) 50 °F (10 °C) 34 °F (1 °C)
一日の最低気温 3 °F (−16 °C) 10 °F (−12 °C) 41 °F (5 °C) 29 °F (−2 °C)

集落[編集]

島にはガンベル英語版サボオンガ英語版という二つの集落がある。

二つの集落は、アラスカ先住権益措置法英語版(ANCSA:Alaska Native Claims Settlement Act)によってセントローレンス島のほとんどの土地に対しての権限を得た。その効果として先住民のユピックは、化石化したマンモスの象牙などの販売が特別に許可されている。

島には狩りや漁業、トナカイの飼育を生業としているユイト(シベリアユピック)が多く住む。島のユピックの人々は、セイウチの牙やクジラの骨などの海獣を材料とした彫刻の技術でも知られている。

ガンベル集落遠景
ガンベル

歴史[編集]

セントローレンス島は先住民のユピックによりSivuqaqと呼ばれていた。1728年に探検家のヴィトゥス・ベーリング聖ローレンス殉教記念の日である8月10日に島に到達したことからセントローレンス島と名付けられた。セントローレンス島はベーリングが最初にアラスカに到達した地点として知られている。

19世紀中葉には、およそ4000人の中央アラスカユピックとシベリアユピックが島にいくつかの集落を形成して居住していた。その先住民は、漁業やセイウチやクジラの狩猟を生業としていた。

1878年から1880年にかけて島を襲った飢餓[4]では、多くの人が飢えに苦しみ餓死や多くの者が島を離れた。島の人口は劇的に減少し、生き残った者の多くはシベリアユピックであった。

島の発展のためにトナカイが島に導入されたのは1900年。その後トナカイは増えて行き、1917年には10000頭に増えていった。しかし、それ以降はトナカイの数は減少している。トナカイは最低限生活に必要な肉の供給源として飼育されている。

交通[編集]

島にはガンベル空港英語版サボオンガ空港英語版がある。 1970年代までは空軍施設があった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Tools and Implements: St. Lawrence Island and the Bering Strait Region”. University of Missouri-Columbia Museum of Anthropology. 2006年5月24日閲覧。
  2. ^ Block Group 6, Census Tract 1, Nome Census Area United States Census Bureau
  3. ^ St Lawrence Polynya”. Polar Research at UW Oceanography. 2006年6月12日閲覧。
  4. ^ The St. Lawrence Island Famine and Epidemic, 1878–80, Arctic Anthropology