センテオトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
センテオトル

センテオトル(Centeotl)、あるいはシンテオトル(Cinteotl)は、アステカ神話に伝わるトウモロコシ。古代アステカ人にとってトウモロコシは主食であったため、センテオトルは広大な地域で崇拝されていた。

トラロックの庇護下にある神で、頭にトウモロコシの穂を模した派手な冠を被った、若々しい生気に溢れた若者の姿で表される。

シンテオトルはショチピリおよびマクイルショチトルと密接な関係があった[1]。植民地時代初期の『メシカの歴史』(Histoyre du Mechique)によれば、シンテオトルはショチピリの位相のひとつであるピルツィンテクトリとショチケツァルから生まれた。シンテオトルを埋めた地からは、トウモロコシ・チアワタなどの重要な植物が生えた[2]。また、女性のトウモロコシの神としてはチコメコアトルがあった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Miller, Mary; Taube, Karl A. (1993). “maize gods”. The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya: An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. Thames & Hudson. pp. 108-110. ISBN 0500050686. (日本語訳:『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』東洋書林、2000年)
  2. ^ Taube, Karl (2001). “Maize: Iconography and Cosmological Significance”. The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. 2. Oxford University Press. pp. 150-152. ISBN 0195108159. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]