センチュリアン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
センチュリアン
The New Centurions
監督 リチャード・フライシャー
脚本 スターリング・シリファント
原作 ジョゼフ・ウォンボー
製作 アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
出演者 ジョージ・C・スコット
ステイシー・キーチ
音楽 クインシー・ジョーンズ
撮影 ラルフ・ウールジー
編集 ロバート・C・ジョーンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年8月3日
日本の旗 1973年1月20日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

センチュリアン』(原題: The New Centurions)は、リチャード・フライシャー監督による1972年アメリカ映画ジョゼフ・ウォンボーの同名小説を原作とする現代の警察を舞台に描いたアクション映画である。センチュリアン(centurion)とはローマ軍の百人隊 (century)の意。

概要[編集]

ジョゼフ・ウォンボーロス市警在職中の1971年に出版した処女作『センチュリアン』(原題:The New Centurions )は、警察官の姿をリアルに描き出し、評論家からも読者からも高評価を得た。ベストセラーとなった原作を、S・シリファントが脚色、R・フライシャーが監督した骨太の警官ドラマ。自らをローマ帝国の時代に治安をうけもった「百人隊=センチュリアン」にたとえ、危険にさらされながらも地道で報われることの少ない制服警官たちのリアルな日常を描く警察群像劇。

ストーリー[編集]

警察学校を卒業した3人の新人警察官ロイ・フェーラー(ステイシー・キーチ)とガス(スコット・ウィルソン)、セルジオ(エリック・エストラーダ)は、共に米ロサンゼルスで最も犯罪の多い地域に配属される。司法学生でもあるロイは、勤続23年のベテラン制服警官アンディ・キルビンスキー(ジョージ・C・スコット)とコンビを組む。街のパトロールが主な仕事。最初の数週間は何事もなく過ぎたが、ロイの妻ドロシー(ジェーン・アレクサンダー)は、明け方近く帰るロイとのすれ違いの毎日に耐えられなくなっていく。 ある夜、ロイは散弾銃で射たれ重傷を追った。ドロシーは警官をやめるよう頼んだが、彼にはその気がなく、2人はこの事件を契機に離婚した。数週間後、キルビンスキーは定年で退職していった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]