センシンレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
センシンレン
Andrographis paniculata (Kalpa) in Narshapur forest, AP W2 IMG 0867.jpg
分類
: 植物界
階級なし : 被子植物
階級なし : 真正双子葉類
階級なし : キク類
: シソ目
: キツネノマゴ科
: アンドロ
学名
Andrographis paniculata[1]

センシンレン(穿心蓮)、Andrographis paniculata とは、キツネノマゴ科一年生植物であり、インドスリランカ原生のハーブ。サンビロートと呼ばれることもある。

センシンレンは高さ20cm~1mくらいまでの中型の1年草で、東南アジアから中国にかけて広く分布する。茎の先端に円錐状の花序を付けてたくさんの花を咲かせる。花の直径は約1cmで、白色に赤紫色の斑点がつく。 果実は長さ2cmくらいの朔果で、中には10個ほどの橙色の種子が入っている。

南アジア・東南アジアにおいて広く栽培されており、伝統的に感染症やいくつかの疾患治療として使われてきた。主に根や葉が薬用として用いられ、いくつかの場合では植物全体が用いられる[2]

タイでは風邪の治療などに「ファータライチョン」として利用され、インドネシアでは強壮薬として「ジャムー」と呼ばれる民間の薬用ドリンクに加えられている。インドや中国では風邪や肺炎、毒蛇の咬傷など様々な病気の治療に使われている。インド伝統的医学であるアーユルヴェーダでもセンシンレンは頻繁に利用されている。

特徴[編集]

センシンレンは湿った日陰の場所で育ち、30-110cmまで成長する。

根、葉、すべての部分において非常に苦く、インドではking of bitter「苦味の王様」といわれている。アーユルヴェーダのハーブとしてはKarmeg(カルメグやカラメガ)として知られており、「地球の胆汁」と呼ばれることもある。

利用[編集]

伝統医学[編集]

古代以来、センシンレンはシッダ医学アーユルヴェーダなど、インドの伝統医学において用いられてきた[3]。シッダ医学の薬局方ではNilavembu kudineer choornam" が存在し、センシレンはその主成分である[4]

メイヨークリニック代替医学書においては「特定の植物(エゾウコギ)と組みわせることにより、風邪の症状・期間を改善しうる」と記載されている[5]。さらに加えて「妊婦は流産しうるので使用してはならない」と記載されている[5]

医療用途[編集]

信奉者によれば、米国家庭医学会(AAFP)の風邪のガイドラインでは、センシンレンは、成人の風邪の持続期間や重症度を改善しうるとしている[6]。あるコントロール治験では、センシレンは上気道感染症の症状を改善しうる根拠があるとしている[7]

一方で、国立健康・栄養研究所の当該項目によれば、がんへの治療は根拠が一切確認されていない[8]

カナダ保健省はセンシンレンを含む製品を使用しないように、また、使用して体調に不安を感じている場合は医療機関を受診するように勧告。

オーストラリアTGAは、センシンレンを含む製品について、アナフィラキシーを含むアレルギー症状発症のリスクがあるとして注意喚起を行った。また、オーストラリアTGAはセンシンレンを含む製品を使用して体調に不安を感じている場合は医療機関を受診するように勧告している。

化学[編集]

センシンレンの葉より抽出される主成分はアンドログラフォリドであり、Gorter(1911)によって単離された。

既知の成分は:

  • "14-Deoxy-11-dehydroandrographolide, Plant
  • 14-Deoxy-11-oxoandrographolide, Plant
  • 5-Hydroxy-7,8,2',3'-Tetramethoxyflavone, Plant
  • 5-Hydroxy-7,8,2'-Trimethoxyflavone, Tissue Culture
  • Andrographine, Root
  • Andrographolide, Plant
  • Neoandrographolide, Plant
  • Panicoline, Root
  • Paniculide-A, Plant
  • Paniculide-B, Plant
  • Paniculide-C, Plant"

脚注[編集]

  1. ^ GRIN Species Profile Archived 2009年5月5日, at the Wayback Machine.
  2. ^ Traded Medicinal Plants Database”. 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ medicinal properties of bhunimb Nighatu adarsh[要ページ番号]
  4. ^ “Siddha Medicine and Clinical Presentation of Dengue Fever at Tertiary Care Hospital of Chennai, Tamil Nadu, India”. International Journal of Advanced Ayurveda, Yoga, Unani, Siddha and Homeopathy. (26 September 2014). http://medical.cloud-journals.com/index.php/IJAAYUSH/article/view/Med-160. 
  5. ^ a b “3”. Mayo Clinic Book of Alternative Medicine (second ed.). (2010). p. 47. 
  6. ^ Fashner J, Ericson K, Werner S (2012). “Treatment of the common cold in children and adults”. Am Fam Physician 86 (2): 153–9. PMID 22962927. http://www.aafp.org/afp/2012/0715/p153.html. 
  7. ^ “Andrographis paniculata: a review of pharmacological activities and clinical effects”. Altern Med Rev 16 (1): 66–77. (2011). PMID 21438648. 
  8. ^ Andrographis”. Memorial Sloan–Kettering Cancer Center (2013年2月13日). 2013年8月閲覧。

さらに読む[編集]

外部リンク[編集]