セレンガ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セレンガ川
セレンガ川 2005年6月24日撮影
延長 992 km
平均流量 284 /s
流域面積 447,000 km²
水源 イデル川およびデルゲルムルン川
水源の標高 -- m
河口・合流先 バイカル湖
流域 ロシアの旗 ロシアモンゴルの旗 モンゴル
テンプレートを表示

セレンガ川ロシア語: Селенга)またはセレンゲ川モンゴル語: Сэлэнгэ гол, Сэлэнгэ мѳрѳн)は、モンゴル国およびロシア連邦を流れる全長992kmのである。モンゴル中北部のハンガイ山脈に源を発するイデル川デルゲルムルン川の合流地点を起点とし、オルホン川などの諸河川を合わせバイカル湖の南東側に注ぐ。イェニセイ-アンガラ水系の源流の一つである。

歴史[編集]

古称として、『新唐書』巻43下や混一疆理歴代国都之図仙娥河、また『新唐書』巻142の娑陵水がセレンガに比定されている。12世紀頃、セレンガ川下流域はメルキト部の居住地域となっており、テムジン(チンギス・カン)、トオリル・カンジャムカらの攻撃によって敗れたメルキト部の首長トクトア・ベキがセレンガ川を下って逃れたことが『元朝秘史』に記されている[1]モンゴル帝国の時代には『元朝秘史』では「薛涼格河」、『元史』では「薛霊哥河」と音写されている[2]他、『集史』ではアラビア文字でسلینگه(selīnge)と記されている。清代には「色楞格河」と表記され、トシェート・ハン部右翼左旗・同右翼右末次旗などの遊牧地であった[3]

脚注[編集]

  1. ^ 村上1970,180-186頁
  2. ^ 村上1970,192頁
  3. ^ 須左1939,299/332頁

参考文献[編集]

  • 村上正二『モンゴル秘史 1』平凡社、1970年
  • 原著:張穆/訳者:須左嘉橘『改稿 蒙古遊牧記』開明堂出版部、1939年
流域
セレンガ川の三角洲