セルマ・スミスフィールド駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セルマ・スミスフィールド駅
駅舎
駅舎
Selma–Smithfield
所在地 500 East Railroad Street
Selma, NC 27576
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
駅番号 SSM
ホーム 3面4線 (3つのホームのうち一つは使われていない)
乗車人員
-統計年度-
37人/日(降車客含まず)
-2015-
開業年月日 1924年
乗入路線 2 路線
所属路線 Amtrak logo 2.svg パルメット英語版
ファイエットビル
Fayetteville
ウィルソン
Wilson
所属路線 Amtrak logo 2.svg カロライニアン英語版
ローリー
Raleigh
ウィルソン
Wilson
備考 [1][2][3]
テンプレートを表示

セルマ・スミスフィールド駅英語:Selma–Smithfield Station )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州セルマ英語版 イースト・レールロード・ストリート500にある[1][2]。 全米各地を結ぶ旅客鉄道のアムトラックが乗り入れている。

概要[編集]

当駅は、アトランティック・コースト・ライン鉄道(ACL)とサザン鉄道の駅として2つの待合室と信号員のためのタワーをもつ駅舎して設計され、1924年に建設された。1982年国家歴史登録財に登録された。1975年に当駅を通る旅客列車は廃止されたが、1982年にアムトラックのパルメット号英語版が当駅に停車するようになって旅客駅としてリニューアルオープンした。アンティーク照明器具の取り付け、待合室の改修、新しい歩道や駐車場などの外構工事からなる改修工事が2001年に始まり、2002年に完成した。工事は340万ドルの費用がかかり、負担比率は連邦政府が80パーセント、ノースカロライナ州運輸省英語版NCDOT)10パーセント、地元自治体が10パーセントであった。

利用可能な鉄道路線/列車[編集]

アムトラックの停車する列車は下記の通り。

ニューヨークサバンナ間の昼行長距離列車パルメット号英語版…1日1往復停車[4]
ニューヨークシャーロット間の昼行長距離列車カロライニアン号英語版 …1日1往復停車[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 英語版を参照
  2. ^ a b Selma, NC”. Amtrak. 2016年9月14日閲覧。
  3. ^ Amtrak Fact Sheet, FY2015, State of North Carolina (PDF)”. Amtrak (2015年11月). 2016年9月14日閲覧。
  4. ^ Silver Service (PDF)”. Amtrak (2016年1月11日). 2016年9月14日閲覧。
  5. ^ Carolinian / Piedmont (PDF)”. Amtrak (2016年1月11日). 2016年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]