セルビア鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セルビア鉄道の412系電車(ベオグラード付近)
ベオグラード駅
441系電気機関車牽引の旅客列車(Novi Zednik付近)
661系ディーゼル機関車牽引の貨物列車(ディミトロヴグラード - ピロト間)
413系電車として導入されたFLIRT3ベオグラード中央駅
711系気動車

セルビア鉄道(セルビアてつどう、セルビア語: Железнице Србије / Železnice Srbije)は、セルビアの鉄道会社で、セルビアでは唯一の鉄道事業者である。現在の営業距離は4,347kmでそのうち32%は電化されている。

歴史[編集]

セルビアで初の馬車鉄道は1854年8月20日に開通したオラヴィツァ・バジアシュ鉄道であり、当時オーストリア=ハンガリー帝国支配下のバナト地方、ヴルシャツVršac)近くの、オラヴィツァOraviţa / Oravica) - ヤセノヴォJasenovo) - ベラ・ツルクヴァBela Crkva) - バジヤシュBaziaş / Bazijaš)間で、帝立王立オーストリア国鉄Imperial Royal Austrian State Railways)によって事業が始まった(オラヴィツァとバジヤシュは現在はルーマニア領である)[1]蒸気機関による最初の運行は1856年から行われた。

セルビア鉄道は1881年ミラン1世の布告によるセルビア国有鉄道成立にさかのぼる。初の王室列車が運行されたのは1884年8月23日ベオグラードからニシュへ向かうもので[1]、この年公式にセルビア鉄道が発足した年と考えられる。セルビア鉄道にとって初の電化は1970年でベオグラード・シドŠid)間であった。1920年代からユーゴスラビア消滅までの期間はユーゴスラビア鉄道のもとで鉄道は運営されていた。連邦崩壊後はNATO軍の空爆や国連制裁などで鉄道の衰退が進むが、その後は改良工事も行われ徐々に回復基調にある。列車内での供食サービスなどの部門はKSR(Kola za Spavanje i Ručavanje)が担っている。

2010年以降、ニシュ - ディミトロヴグラード間(チェコ輸出銀行融資による)[2]、マーラクルスナ - ヴェリカプラナ間(ロシア政府融資による)[3]などを含む延長112kmの区間で、最高速度の120km/hへの向上、非電化区間の電化などの近代化工事を推進している[3]。近代化区間は、汎ヨーロッパ回廊の第10回廊を構成する[3]

国営企業であったが、2011年5月に民営化され、全額政府出資の株式会社である持株会社が4つの事業子会社(インフラ・資産管理・旅客輸送・貨物輸送)を統括する体制に移行した[4]

輸送[編集]

セルビア鉄道は観光用の鉄道や国内輸送から国際輸送まで幅広い分野を担っている。国際列車はセルビアから南方向へベオグラード=バール鉄道を経由しモンテネグロへ向かう系統と、他のヨーロッパの都市であるヴェネツィアミュンヘンテッサロニキブダペストキエフモスクワなどへ向かうものに分かれる。

また、ベオグラード首都圏では、コミュータ鉄道網「ベオヴォズBeovoz)」を運行している。都市鉄道「BG Voz」の運行も担当する。

車両[編集]

電気機関車
ディーゼル機関車
電車
気動車

脚注[編集]

  1. ^ a b Momčilo Petrović (2009年1月20日). “Čuvari logora u zimskom periodu”. Blic. 2009年9月閲覧。
  2. ^ 鉄道ジャーナル』2010年10月号(No.528)p.152 鉄道ジャーナル社
  3. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』2016年3月号(No.593)p.152 鉄道ジャーナル社
  4. ^ 『鉄道ジャーナル』2011年9月号(No.539)p.150 鉄道ジャーナル社

外部リンク[編集]