セルビアのイスラム教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベオグラードにあるBajrakliモスク


本項目では、セルビアのイスラム教について記述する。

セルビアムスリムイスラム教徒)は、民族的には主にボシュニャク人アルバニア人で構成されているが、少数民族であるムスリム人ゴーラ人と同様、ロマにおいても、人数は少ないものの重要な地位を占めている。

統計[編集]

2011年国勢調査によると、セルビア国内には228,658人のムスリム(イスラム教徒)が居住している(全人口の約3.1%、コソボ地域は除く)。セルビア国内においてムスリムが多数集中している地域としては、サンジャク地域にあるノヴィ・パザルトゥティン英語版シェニツァ英語版と、プレシェヴォ渓谷にあるプレシェヴォブヤノヴァツなどがある。

セルビアのムスリム(コソボ地域を除く)
1921年国勢調査[1] 1991年国勢調査 2002年国勢調査  2011年国勢調査
 %  %  %  %
ムスリム 97,672 2.23 224,120 2.89 239,658 3.2 228,828 3.1

セルビアのムスリムは様々な民族的背景を持つ者により構成されている。

組織[編集]

大ムフティーのアデム・ジルキッチ

セルビアのイスラム教信者は主に2つの独立した組織に所属している。ひとつはボスニア・ヘルツェゴヴィナイスラム教コミュニティの支部であり、もうひとつは2007年に設立された組織で、セルビアの地方で設立された組織である[2]

セルビア・イスラム教コミュニティ (Islamska zajednica Srbije) はベオグラードに本部をおいており、大ムフティーのAdem Zilkićが統括している。この組織は以下の支部に分かれる。

セルビアのイスラム教コミュニティ (Islamska zajednica u Srbiji) はノヴィ・パザルに本部を置いており、ムフティーのMuamer ef. Zukorlićが統括している。この組織は以下の支部に分かれる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]