セルジオ・ミミカ=ゲッザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セルジオ・ミミカ=ゲッザン
Sergio Mimica-Gezzan
別名義 Srđan Mimica
生年月日 (1956-05-02) 1956年5月2日(62歳)
出生地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア クロアチア ザグレブ
職業 映画監督、テレビ監督
活動期間 1966年 - 活動中
著名な家族 ヴァトロスラフ・ミミカ英語版(父)

セルジオ・ミミカ=ゲッザンSergio Mimica-Gezzan, 1956年5月2日[1] - )は、クロアチア出身でアメリカ合衆国で活動する映画及びテレビの監督である。父親は映画監督のヴァトロスラフ・ミミカ英語版である。

キャリア[編集]

1960年代より子役を務める。

1980年代からは助監督としての活動を始め、スティーヴン・スピルバーグ監督映画などへ参加し、全米監督協会賞を3度獲得した[2]

2000年代からはテレビシリーズのエピソードを監督するようになり、『GALACTICA/ギャラクティカ』、『HEROES』、『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』、『Invasion -インベイジョン-』、『プリズン・ブレイク』、『女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中』、『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』、『フォーリング スカイズ』、『アンダー・ザ・ドーム』、『ザ・ラスト・シップ』などへ参加した。

参考文献[編集]

  1. ^ U.S. Public Records Index Vol 2 (Provo, UT: Ancestry.com Operations, Inc.), 2010.
  2. ^ 1998 Director's Guild of America winners Archived 2012年3月27日, at the Wayback Machine.

外部リンク[編集]