セルゲイ・バブーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セルゲイ・バブーリン
Серге́й Николаевич Бабурин
Sergey Baburin (cropped, 2018-03-19).jpg
セルゲイ・バブーリン(2018年3月19日撮影)
生年月日 (1959-01-31) 1959年1月31日(59歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Kazakh Soviet Socialist Republic.svg カザフ・ソビエト社会主義共和国 セミパラチンスク(現在のセメイ
出身校 レニングラード大学法学部
オムスク大学法学部
前職 法律学者
所属政党 (全ロシア人民同盟→)
人民同盟 (ロシア)

ロシアの旗 国家院副議長

ロシアの旗 国家院議員
在任期間 1993年12月12日 - 2000年1月18日
2003年12月7日 - 2007年12月24日
テンプレートを表示
Sergey Baburin in Vitebsk.jpg

セルゲイ・ニコラエヴィチ・バブーリンロシア語: Серге́й Николаевич Бабуринラテン文字転写の例:Sergey Nikolayevich Baburin1959年1月31日 - )は、ロシア政治家ロシア連邦議会下院国家会議議員。「人民同盟」の指導者。民族主義愛国主義者として知られる。

1959年1月31日カザフ共和国セミパラチンスク(現在のカザフスタンセメイ)に生まれる。バブーリン家はシベリア先住民の血統で、祖父ナウムはロシア内戦白軍を支持し、ボリシェヴィキの権力掌握後、銃殺された。父、ニコライ・ナウモヴィチはセミパラチンスクで教師を、母ヴァレンチナ・ニコラエヴナは外科医であった。レニングラード大学で法律を学び、オムスク大学法学部長を務める。アフガニスタン紛争に従軍し、数回勲章を受章している。1990年ロシア人民代議員に当選し、最高会議代議員にも選出される。

1990年12月のソ連崩壊には反対する姿勢を取った。ソ連崩壊後の混乱の中で民族主義、愛国主義が台頭する中で、全ロシア国民同盟を創設し民族派の政治家として認知度を上昇させた。同じ民族主義派の政治家としてウラジーミル・ジリノフスキーがいるが、バブーリンはジリノフスキーよりも口ひげを蓄えた端正な風貌と理性的な態度で知られ、1993年モスクワ騒乱事件でも反エリツィン陣営として旗幟を鮮明にした。

バブーリンは左派、愛国派の政治ブロック「祖国」(ロージナ)に所属し、議会では市民法、刑法、仲裁者・手続法委員会に所属している。2002年から2012年までロシア貿易経済大学学長を務めた[1][2]2007年ロシア下院選挙では、1990年代の民営化の不正を糾弾し、400万ルーブルを補償する政策を主張した。

2017年12月22日、全ロシア人民同盟は、2018年ロシア大統領選挙においてバブーリンを大統領候補として擁立することを決定した[3]12月24日、バブーリンは中央選挙管理委員会に関係書類を提出した[4]12月25日、中央選管は書類の不備を理由に登録を拒否したが[5]、バブーリンは再度書類を提出し立候補者登録を完了した[6]2018年3月18日の投開票の結果、47万9013票、得票率0.65パーセントで候補者8人中、最下位に終わった。

脚注[編集]

  1. ^ 3 on Hunger Strike Over School Merger article from The Moscow Times, December 28, 2012
  2. ^ Sergei Baburin interview at Echo of Moscow, December 29, 2012 (in Russian)
  3. ^ “"Российский общенародный союз" выдвинул Бабурина кандидатом в президенты” (ロシア語). РИА Новости. (20171222T1902+0300Z). https://ria.ru/election2018_news/20171222/1511547988.html 2017年12月22日閲覧。 
  4. ^ “Бабурин подал в ЦИК документы для выдвижения в президенты от своей партии” (ロシア語). РИА Новости. (20171224T1537+0300Z). https://ria.ru/election2018_news/20171224/1511613603.html 2017年12月25日閲覧。 
  5. ^ ЦИК предложил трем потенциальным кандидатам устранить процедурные нарушения
  6. ^ ЦИК разрешил Бабурину открыть избирательный счет и начать сбор подписей