セルゲイ・バガプシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルゲイ・バガプシュ
Сергеи Уасыл-иҧа Багаҧшь
Sergei Bagapsh (Interfax).jpg

任期 2005年2月12日2011年5月29日

任期 1997年4月29日1999年12月20日
元首 ウラジスラフ・アルジンバ大統領

出生 (1949-03-24) 1949年3月24日
スフミ
死去 (2011-05-29) 2011年5月29日(62歳没)
ロシアの旗 ロシアモスクワ
政党 統一アブハジア
署名 Sergei Bagapsh Signature.svg

セルゲイ・バガプシュアブハズ語: Сергеи Уасыл-иҧа Багаҧшьラテン文字転写:Sergei Wasyl-ipa Bagapsh、1949年3月24日 - 2011年5月29日)は、現在一部の国家から承認されているアブハジア共和国の政治家。同国大統領を務めた。

経歴[編集]

大学在籍時、ワイン工場、国営銀行の集金人として働く。

1972年、モクフスク製油ソフホーズ農業課長。軍務を経た後、コムソモールの仕事に入り、コムソモール・アブハジア州委員会教官となった。

1978年、コムソモール・グルジア中央執行委員会情報班副班長、労働・農業青年課主任。1980年、コムソモール・アブハジア州委員会第一書記。

1982年グルジア共産党オチャムチレ地区委員会第一書記。1992年、アブハジア自治ソビエト社会主義共和国閣僚会議副議長。

1993年、アブハジア共和国閣僚会議第一副議長。1995年、アブハジア共和国第一副首相。1997年4月29日から1999年12月20日、アブハジア共和国首相[1]

1999から2004年、国営会社「チェルノモルエネルゴ」社長。

2005年1月12日、アブハジア共和国大統領に選出、同年2月12日に就任。

大統領在任中の2011年5月29日モスクワ市内の病院にて肺癌の手術中に心不全を発症して急死[2]。62歳没。

パーソナル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Прибыловский В. В. “БАГАПШ Сергей Васильевич”. Антикомпромат. 2016年12月4日閲覧。
  2. ^ Head of Georgia's rebel Abkhazia region dies Hurriyetdailynews 2011-5-29
  3. ^ スターリン別邸、アブハジアの大統領が住み独立象徴
公職
先代:
ウラジスラフ・アルジンバ
Flag of the Republic of Abkhazia.svg アブハジア共和国大統領
第2代:2005 - 2011
次代:
アレクサンドル・アンクヴァブ
(代行)