セルゲイ・ノヴィコフ (柔道家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子 柔道
オリンピック
1976 モントリオール 重量級
世界柔道選手権
1973 ローザンヌ 重量級
1975 ウイーン 重量級

セルゲイ・ペトロヴィチ・ノヴィコフウクライナ語: Сергі́й Петро́вич Но́віков, ラテン文字転写: Serhiy Petrovych Novikov1949年12月15日- )は、1976年のモントリオールオリンピックの柔道重量級にソビエト連邦代表として出場、金メダルを獲得したウクライナ柔道家ロシアモスクワ出身。身長192cm。体重120kg[1]

人物[編集]

柔道の重量級の歴史において特筆すべき実力、実績を有している選手の一人であるにもかかわらず、あまり言及されることのない選手である。ミュンヘンオリンピックで優勝したウィレム・ルスカの後継チャンピオン候補選手としてヨーロッパで注目されはじめ、オリンピック後事実上現役引退したルスカに代わりヨーロッパで第一人者となる。1975年の世界選手権では日本の遠藤純男に注意ポイントを取られて2位に終わるものの、翌年のモントリオールオリンピックでは初戦でその遠藤に優勢勝ちした勢いで優勝を果たす。長身(192cm 120kg)からの素早い仕掛けによる大外刈が得意技。また返し技も強烈であった。なおノヴィコフの選手生活晩年に対戦することのあった全盛期の山下泰裕はノヴィコフに2度勝っているものの、判定及び注意による優勢勝ちにとどまった。

前人未踏のオリンピック柔道最重量クラス2階級制覇のウィレム・ルスカと同じく、いわゆるポイント優先の欧州柔道ではなく日本型柔道の選手と評された。

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て重量級ないしは95kg超級での成績)

脚注[編集]

外部リンク[編集]