セルゲイ・ドヴラートフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルゲイ・ドヴラートフ
Серге́й Дона́тович Довла́тов
誕生 1941年9月3日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国バシキール自治ソビエト社会主義共和国 ウファ
死没 (1990-08-24) 1990年8月24日(48歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業 作家
代表作 『わが家の人びと』ほか
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

セルゲイ・ドナートヴィチ・ドヴラートフロシア語: Серге́й Дона́тович Довла́тов, ラテン文字転写: Sergei Donatovich Dovlatov, 1941年9月3日 - 1990年8月24日)は、ロシア小説家

生涯[編集]

1941年9月3日に、バシキール自治ソビエト社会主義共和国ウファで生まれた。父は劇場監督のドナート・イサーコヴィチ・メーチク(Донат Исаакович Мечик、1909年 - 1995年)、母は文章校正家のノラ・セルゲイエヴナ・ドヴラートヴァ(Нора Сергеевна Довлатова、1908年 - 1999年)。1944年からは、戦火の収まったレニングラードで暮らす。1959年レニングラード国立大学文学部フィンランド語学科)に入学したが、二年半後に退学を余儀なくされた。1962年から1965年にかけては、軍隊に勤務、コミ北部にあった矯正労働収容所の警備員として働いた。

創作活動の開始[編集]

除隊後、ドヴラートフはジャーナリズム学部に入り、工場新聞のジャーナリストとして働き、物語を書き始めた。マラムジンエフィーモフヴァフチンらとともに、レニングラードの文学サークル「都会派」に加わった。ある時は、パノワの元で、秘書として働いていた。1972年から1976年までタリンに住み、「ソヴェーツカヤ・エストニア新聞」の通信員として勤務、また、プスコフ近郊のプーシキン保護区域で観光ガイドとして働いた。1976年にレニングラードに戻り、雑誌「焚き火」に携わる。

ドヴラートフは散文作品を書いていたが、ソ連の雑誌に作品を掲載しようとする試みは徒労に終わった。彼の最初の本の組版はKGBの命令で廃棄される。60年代終わり頃から、ドヴラートフは地下出版物に自分の作品を発表するようになり、1976年には、いくつかの作品が西側の雑誌、「大陸」や「時間と我ら」に発表された。そのため、ソ連のジャーナリスト組合から除名された。

亡命後[編集]

1978年、政府からの追及を逃れるため、ドヴラートフはウィーンに亡命し、その後、家族とともにニューヨークに移り住んだ。ニューヨークでは、リベラルな移民系新聞「The New American」(ロシア語)を発行した。そして、『見えない本』(1978年)、『アンダーウッドのソロ』(1980年)、中編小説『妥協』(1982年)、『サンクチュアリ』(1983年)、『わが家の人びと』(1983年)など、相次いで自身の小説を出版した。80年代半ば頃、大きな文学的成功を収め、権威ある雑誌「ザ・ニューヨーカー」に自身の作品を発表した。

1990年8月24日、心不全によりニューヨークで死去。48歳没。ヘブロン山墓地に埋葬された。

12年間の亡命生活で、12冊の本が欧米で出版された。ソ連では、地下出版や「自由ラジオ」へ印税を譲渡したことによって知られた作家であった。彼の死とソ連崩壊後、ロシアでも彼の短編集が数多く出版され、20世紀後半で最も愛されたロシア人作家の一人となった。

2018年、伝記映画『Dovlatov』が公開された。

主な日本語訳[編集]

外部リンク[編集]