セルゲイ・コミットスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルゲイ・コミットスキー
基本情報
通称 The Ghost(幽霊)
階級 ミドル級
身長 178cm
国籍  ベラルーシ
誕生日 (1974-09-13) 1974年9月13日(44歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国カーメネツ=ポドーリスキイ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 46
勝ち 30
KO勝ち 13
敗け 13
引き分け 3
テンプレートを表示

セルゲイ・コミットスキー英語: Sergey Khomitsky、男性、1974年9月13日 - )は、ベラルーシプロボクサーウクライナカームヤネツィ=ポジーリシクィイ出身。

来歴[編集]

1999年1月30日、ベラルーシミンスク州ボリソフでアレクサンドル・チュビロフとデビュー戦を行い、6回3-0(60-54、2者が60-55)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2003年8月9日、サンクトペテルブルクでルスラン・ヤクポフと対戦し、8回判定で引き分けた。

2004年2月12日、サンクトペテルブルクでニコライ・タララキンとロシアミドル級王座決定戦並びにCISBBミドル級王座決定戦を行い、10回3-0(100-90、99-94、97-92)の判定勝ちを収めロシア王座とCISBB王座獲得に成功した。

2005年3月3日、サンクトペテルブルクでマフムード・マクスドフとWBOアジア太平洋ミドル級王座決定戦を行い、マクスドフの3回終了時棄権で王座獲得に成功した。

2006年3月7日、クックスハーフェンIBFインターコンチネンタルミドル級王者でWBOインターコンチネンタルミドル級王者のコーレン・ゲボルと対戦し、プロ初黒星となる12回0-3(109-119、111-118、110-118)の判定負けを喫しIBFインターコンチネンタル王座とWBOインターコンチネンタル王座獲得にそれぞれ失敗した。

2006年4月8日、ブダペストIBUインターコンチネンタルミドル級王者ラースロー・シューチと対戦し、12回0-2(114-114、110-116、112-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2006年7月29日、ミンスクでアンドレイ・チェルニアウスキーとベラルーシミドル級王座決定戦を行い、2回TKO勝ちを収め王座獲得と再起に成功した。

2007年3月9日、ローマでムハンマド・アリ・ンジャイとIBFインターナショナルスーパーミドル級王座決定戦を行い、12回0-3(2者が113-115、112-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2007年5月25日、ケルンゲンナジー・ゴロフキンと対戦し、プロ初のKO負けとなる5回1分59秒TKO負けを喫した。

2009年11月27日、ウィガンマーティン・マレーと対戦し、8回判定負けを喫した。

2011年8月20日、ベルンIBC世界ミドル級王者イヴ・シュトゥーダーと対戦し、12回1-1(114-114、114-115、117-112)の判定で引き分けた為、王座獲得に失敗した。

2013年12月14日、エクセル展覧会センターで4年振りの再戦でマーティン・マレーと対戦し、8回判定負けを喫した。

2014年4月12日、カッパー・ボックスでWBOヨーロピアンスーパーミドル級王者フランク・ブグリオーニと対戦し、6回1分4秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年7月26日、デッサウアンハルト・アレーナロベルト・ステイグリッツとWBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦を行い、10回12秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2015年3月28日、シェフィールドモーターポイント・アリーナ・シェフィールドでIBFインターナショナルミドル級王者アダム・エトチェスと対戦し、4回1分35秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年10月10日、カラカスポリエドロ・デ・カラカスでWBA世界ミドル級10位のアルフォンソ・ブランコWBA世界ミドル級暫定王座決定戦を行い、12回0-3(2者が109-119、112-118)の判定負けを喫し同月24日に行われるクリス・ユーバンク・ジュニア対トニー・ジーターの試合後に空位になる王座獲得に失敗した[1]。空位となる王座には同月25日にブランコが認定される。

2015年10月26日、同月24日にジーターに勝利したユーバンク・ジュニアが返上したWBA世界ミドル級暫定王座にブランコが翌25日に認定したとWBAが発表した[2][3]

2015年11月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のブランコ戦に敗れユーバンク・ジュニアの王座返上後の暫定王座獲得に失敗したコミットスキーをWBA世界ミドル級ランキングから除外した[4]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リナレス4回TKO勝ち、母国ベネズエラでV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月11日
  2. ^ Alfonso Blanco Named Interim WBA World Middleweight Champ WBA公式サイト 2015年10月26日
  3. ^ メイウェザーの新車4億円、クエジャール12.5防衛戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月28日
  4. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年11月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]