セルゲイ・カヤキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セルゲイ・カヤキン
Sergey Karjakin
SKaryakin.JPG
フルネーム Sergey Alexandrovich Karjakin
ロシア
生誕 (1990-01-12) 1990年1月12日(28歳)
ソビエト連邦ウクライナ社会主義共和国シンフェロポリ
タイトル グランドマスター
FIDEレート 2763 (2018年2月)
(2015年4月付FIDE世界ランキング12位)
最高レート 2788 (2011年7月)

セルゲイ・カヤキン(Sergey Karjakin、ロシア語:Сергей Карякин、ウクライナ語:Сергій Карякін、1990年1月12日‐)は、シンフェロポリ出身のロシア(以前はウクライナ)のチェスグランドマスターである。早熟の天才で、歴史上最も若い12歳7カ月でグランドマスターとなった。2009年7月のFIDEイロレーティングでは、ウクライナで2番目の世界20位にランクされ、20歳以下でも世界第2位である。キャリア最高レートは2008年1月の2732。

2009年7月25日、カヤキンはロシアの国籍を得て、それ以降はロシアでプレーしている[1][2]

神童[編集]

カヤキンは5歳の時にチェスを覚え、11歳でインターナショナルマスターになった。2001年には12歳未満世界選手権で優勝し、12歳になったばかりの2002年1月のチェス世界選手権ルスラン・ポノマリオフの公式セコンドを務めたことで注目を集めた。モスクワのAeroflotトーナメントでグランドマスターの基準成績(ノーム)をクリアすると、2002年8月のスダクの国際トーナメントで、卜祥志を抜いて歴史上最も若いグランドマスターとなった。

14歳の時には、ドルトムントの大会で当時のチャンピオンであったウラジミール・クラムニクを早指し対局(持ち時間10分+1手5秒)で破った。また2004年には、ビルバオで行われたMan vs Machine World Team Championshipで「ジュニア」というプログラムを破り、人類側の初めての勝利者となった。

カヤキンは2005年4月のFIDEランクで、レート2635の第64位として、初めて世界トップ100入りを果たした。ギリシアでのナイジェル・ショートとトーナメント前の練習を行った際、アテネ空港への道中で事故にあい、軽傷を負った。その後、ショートは「自分はもう少しでチェスの歴史を変えてしまうところだった」と語っている[3]

トップへ[編集]

2009年チェス世界選手権の予選も兼ねる2007年のチェスワールドカップで、カヤキンは準決勝でアレクセイ・シロフに敗れた。18歳の誕生日直前に発表 された2008年1月のFIDEレートで、通常のグランドマスターからさらに区別されるレート2700を突破し、2732で世界13位につけた。

2008年7月、カヤキンはナイジェル・ショートと10戦の早指しを行い、7.5-2.5で圧勝した[4]。2009年2月、オランダのWijk aan Zeeで開催されたトーナメントのA組で優勝した。

2016年3月、モスクワで開催されたチェス世界選手権の挑戦者決定戦(8名総当りダブルラウンド)で8.5/14の成績で1位となり、マグヌス・カールセンとの世界チャンピオン決定戦に出場が決まった。

私生活[編集]

彼は、ウクライナのウーマングランドマスターKateryna Dolzhikovaと結婚している[5]

出典[編集]

  1. ^ Karjakin to Play for Russia, Chess.com, August 1 2009
  2. ^ Sergey Karjakin takes Russian citizenship, Chessdom.com. Retrieved on 2009-08-01.
  3. ^ Nigel Short axed, future world champion survives, Chessbase, July 28 2005
  4. ^ Kiev Life Rapid: Karjakin beat Short 7.5:2.5, Chessbase, August 7 2008
  5. ^ Sergey Karjakin and Kateryna Dolzhikova get married”. Chessdom.com. 2009年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]