セリーナ 炎の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セリーナ 炎の女
Serena
監督 スサンネ・ビア
脚本 クリストファー・カイル
原作 ロン・ラッシュ英語版
セリーナ英語版
製作 トッド・ワグナー英語版
ロン・ハルパーン
ベン・コスグローヴ
スティーヴ・シュワルツ
ポーラ・メイ・シュワルツ
ニック・ウェクスラー
スサンネ・ビア
製作総指揮 ピーター・マカリーズ
マーク・キューバン
オリヴィエ・クールソン
出演者 ブラッドリー・クーパー
ジェニファー・ローレンス
リス・エヴァンス
ショーン・ハリス
トビー・ジョーンズ
音楽 ヨハン・セデルクヴィスト
撮影 モーテン・ソーボー英語版
編集 マット・ニューマン
ペニッル・ベック・クリステンセン英語版
製作会社 2929エンタテインメント英語版
Chockstone Pictures
ニック・ウェクスラー・プロダクションズ
配給 フランスの旗 スタジオカナル
アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 ハーク
公開 フランスの旗 2014年11月12日
アメリカ合衆国の旗 2015年3月27日
日本の旗 2018年2月17日
上映時間 109分
製作国  チェコ
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000
興行収入 世界の旗 $5,075,622[1]
テンプレートを表示

セリーナ 炎の女』(セリーナ ほのおのおんな、Serena)は2014年チェコフランスアメリカ合衆国のドラマ映画。 監督はスサンネ・ビア、出演はブラッドリー・クーパージェニファー・ローレンスなど。 原作はロン・ラッシュ英語版の2008年の小説『セリーナ英語版』。 20世紀初頭の米国南東部の森林地帯を舞台に繰り広げられる夫婦の愛憎劇を描いたラブサスペンス[2]

2014年10月13日にロンドン映画祭で初上映された[3]。 日本では「未体験ゾーンの映画たち2018」で上映された[4]

ストーリー[編集]

1929年ノースカロライナ州製材所を営むジョージと孤独な美女セリーナは運命的な出会いを経て結ばれ、夫婦となる。 ジョージの共同経営者として手腕を振るうセリーナはやがてジョージの子を身ごもるが、臨月が迫ったところで流産し、子供を産めない体になってしまう。 精神的に不安定になったセリーナはジョージがかつての恋人レーチェルに産ませた息子ジェイコブを金銭的に援助していることを知り、激しい嫉妬にかられる。 ジョージに雇われている猟師のギャロウェイはかねてよりセリーナに運命的なものを感じていたが、事故で手に大怪我を負った際にセリーナに助けられたことから、セリーナを守るためならなんでもする男になっていた。 そんなギャロウェイにセリーナは、ジョージとの生活を守るためにジェイコブを殺すように依頼する。 間一髪で難を逃れたレーチェルとジェイコブはマクダウエル保安官に匿われるが、ギャロウェイは執拗にジェイコブの命を狙う。 マクダウエル保安官から事情を知らされたジョージはセリーナに怒りをぶつけて置き捨てると、自らの不正行為について自首することを条件に、保安官からジェイコブらの居場所を聞き出す。 ギャロウェイはレーチェルらを見つけて殺そうとするが、そこにかけつけたジョージが格闘の末にギャロウェイを殺す。 レーチェルらを安全な場所に見送ったジョージは狩りに向かい、念願のクーガーを見つけて撃つ。 しかし、傷を負ったクーガーに反撃され、クーガーを刺し殺すことはできたが、自らも首を噛まれて死ぬ。 ジョージの死体を見つけたマクダウエル保安官はセリーナに身元の確認を依頼するが、ジョージの死にショックを受けたセリーナは返事すらしない。 保安官が諦めてその場を後にすると、セリーナはベッドに横たわり、焼身自殺する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

作品の評価[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]