セリエA (サッカー) 1937-1938

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セリエA (サッカー)  > セリエA (サッカー) 1937-1938
セリエA
Serie A
シーズン 1937-1938
優勝 アンブロジアーナ(4回目)
降格 アタランタ
フィオレンティーナ
試合数 240
ゴール数 617 (1試合平均2.57)
得点王 イタリアの旗 ジュゼッペ・メアッツァ(20得点)

セリエA 1937-1938は、1898年に創設されてから38回目のイタリアサッカーリーグのトップディビジョンであり、1リーグ制で開催された9回目のシーズンである。前年優勝チームはボローニャ

概要[編集]

1936-1937年シーズンのセリエAからノヴァーラアレッサンドリアセリエBへ降格し、代わりにリヴォルノアタランタがセリエAへ昇格した。アンブロジアーナ1929-1930年シーズン以来通算4回目のスクデットを獲得した。アンブロジアーナのジュゼッペ・メアッツァが得点王に輝いた。

1937-1938年シーズンのセリエAのクラブ[編集]

チーム名 前年成績 セリエA通算在籍年数
アンブロジアーナ 07位 9シーズン連続9回目
アタランタ 昇格 1回目
バーリ 10位 3シーズン連続5回目
ボローニャ 01位 9シーズン連続9回目
フィオレンティーナ 09位 7シーズン連続7回目
ジェノヴァ1893 06位 3シーズン連続8回目
ユヴェントス 05位 9シーズン連続9回目
ラツィオ 02位 9シーズン連続9回目
リグーリア[A] 14位 1回目
リヴォルノ 昇格 3シーズンぶり5回目
ルッケーゼ 07位 2シーズン連続2回目
ミラン 04位 9シーズン連続9回目
ナポリ 13位 9シーズン連続9回目
ローマ 10位 9シーズン連続9回目
トリノ 03位 9シーズン連続9回目
トリエスティーナ 12位 9シーズン連続9回目
  1. ^ 1937年、1936-1937年シーズンセリエA所属のサンピエルダレネーゼとCorniglianese、Rivaroleseが合併し、リグーリアが創設された。

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 アンブロジアーナ (C) 30 16 9 5 57 28 +29 41 ミトローパ・カップ 1938に出場
2 ユヴェントス (CW) 30 14 11 5 43 22 +21 39
3 ミラン 30 13 12 5 43 27 +16 38
3 ジェノヴァ1893 30 15 8 7 50 35 +15 38
5 ボローニャ 30 14 9 7 46 34 +12 37
6 トリエスティーナ 30 12 12 6 35 22 +13 36
6 ローマ 30 14 8 8 44 31 +13 36
8 ラツィオ 30 11 10 9 48 30 +18 32
8 トリノ 30 12 8 10 39 37 +2 32
10 ナポリ 30 8 12 10 37 39 -2 28
11 リグーリア 30 8 8 14 33 42 -9 24
11 リヴォルノ 30 8 8 14 29 45 -16 24
13 バーリ 30 8 7 15 35 60 +25 23
14 ルッケーゼ 30 5 11 14 28 55 -27 21
15 アタランタ (R) 30 4 8 18 22 50 -28 16 セリエB 1938-1939へ降格
16 フィオレンティーナ (R) 30 3 9 18 28 60 +32 15

出典: Italy 1937/38 - RSSSF(英語), フランコ・チェレッティ『セリエAの20世紀』横山修一郎(訳)、ビクターブックス、2000年3月9日、319頁。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • フランコ・チェレッティ『セリエAの20世紀』横山修一郎(訳)、ビクターブックス、2000年3月9日。ISBN 4-89389-163-4 88、319頁。

外部リンク[編集]